帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

JO(ジャパンオープン)とCOI(カーニバルオンアイス)報告(前編)

さて、前回ブログでは復活の大ちゃんを書きたいばかりに、1度就寝したにも関わらずどうにも興奮醒めやらず、夜中ムックリ起き上がって突如更新、という荒技を披露したオイラですが、ようやく今回落ち着いて書きますぜ。

 「JO(ジャパンオープン)」&「COI(カーニバルオンアイス)」 鑑賞報告!

えー ・・・とは言えJOが約3時間、COIが約2時間半。出場者も半端ない人数なんでとうてい全員分の記憶はございません(←威張らないように)。なのでFOIと同じく、記憶に残った方々や演技について概要をサラリと…(だがやっぱり長文さ)



10月3日当日は、オレ、Cちゃん、真央ちゃんの大ファンであるCちゃんパパ、Cちゃんママの体調不良によるピンチヒッター・Tちゃん、というバラエティ豊かな4名が、各々さいたまスーパーアリーナへ集合です。ガッツ石松似のCちゃんパパ(笑)は、一見フィギュアなぞまったく興味無さそうな強面のオジサマですが、実はCちゃん家へ遊びに行く度、他のメンバーを差し置き唯一オレとフィギュア話で盛り上がる立派なスケヲタ(?)。
そのCちゃんパパの「真央ちゃんを生で見たい!」という切なる願いを叶えるため、5月頃からJOのチケを取り、万全の態勢で当日を迎えた訳ですが、2万人規模のたまアリ横のけやき広場は、お昼前に着いたにも関わらず人・人・人の大混雑。携帯でやりとりしてCちゃん及びCちゃんパパと合流したものの、飲食店はどこも大行列。仕方なく一番行列の少なかったクレープ屋さんでハムチーズだのジャーマンポテトだののクレープを購入し、その後合流したTちゃんと共にアリーナ内へ。(我々の席はロングサイドのジャッジ側S席11列目、選手の出入りもスケーターのリンク上での表情もギリギリ見えるかなりの好位置。関係者席も良く見えたので、開始前や演技の合間に、不肖・素人ヲタの私が「あそこに殿とミキティがいるね。モロゾフも一緒にJO見るんだねぇ」「おおタラソワ御一行だ。知ってるだろうけどタチアナ・タラソワは真央ちゃんのコーチ」「あそこにいるの、佐藤信夫・久美子コーチだ」「みやけんキタ!あの人は大ちゃんの今年のSPの振付師ね」「あーっ!?長光コーチ来てる。観戦するのかな?てことは大ちゃんも客席に来たりして!?」などなど興奮状態で皆に説明。(まあ、ほぼ私だけが興奮していた訳ですが・・・笑)

そんなこんなで前置きが相変わらず無駄に長いですが、ここからようやくJO&COI総括。

まずはジェレミー・アボット
アボはJOで滑った今季FPより、COIで滑ったエキシが断然印象に残りましたねえ。FPは滑り込んでいない感がそこはかとなく漂ってましたが、エキシは滑れば滑る程イイ味醸し出しそう。お洒落で小粋でうっとり魅入ってしまいました。好きだこのプロ。アボは今季、メインコーチを佐藤有香さんに変更したんですよね。有香さんと合ってるのかな。そうだといいなあ。

サミュエル・コンテスティ
 コンテ、COIで昨季FPのカウボーイプロ滑ってくれましたよ!!生で見れたぜ、ふふ・・・。やっぱこのプロは、エキシ向きだよなあ。FPでこれ滑ってたって生で見ても信じられん(笑)実際オレはTVで見てた時なんか違和感あって、コンテ嫌いじゃないけどちょっと評価高すぎねーかと実は思っていた・・(ごめんコンテ、凄く良かった)。ただ新FPは…まだシーズン当初だし何とも言えないけど、カウボーイプロほどのインパクトは…うーむ。どうだろう・・

ジェフリー・バトル
 えーとだな。とりあえず今すぐに復帰しないかバト!?(←何の勧誘か)
いや素晴らしかったです。たった今復帰宣言してもカナダ代表でオリンピック出られるよたぶん!JOでもCOIでも、エンターテインメントに徹しつつ素晴らしい演技を見せてくれましたが、JOでのトリプルは全て完璧、美麗なスケーティングスキルも健在で、この人が現役復帰したらPチャンのTES、PCSどう出るのか凄く興味あるなあ・・(すいません性格悪くて) それにつけても写真集は売れているのかいバト…(笑)
 
小塚崇彦
 新FP「ギター・コンチェルト」。とりあえず今回はジャンプの安定感が…あうう。最近構成をいじったんでしたっけ確か。まあGPSまでまだ多少の間があるし、これから追い込みですよね。頑張れこづ! COIのエキシプロは、紫シャツを脱いで着て、という動作やエッジワークが楽しいプロでしたが、1度脱いだ紫シャツを滑りながら着ようとして失敗。どうしても着られずついに氷上に脱ぎすてたあの演技は、果たしてそういうコリオなのかどうなのか。オレ的にはむしろコリオでない方希望(笑)

本田武史
 本田選手のアランフェスは他のショーでも見たことありますが、今回JOのアランフェス良かったなぁ・・。3Aもその他ジャンプも本当に素晴らしかった。点数は伸びなかったですが現役引退して何年も経ってるし、むしろ迫力あるあんなジャンプを今また跳べるまでに戻してきてるという事にただただ感涙です。ホント凄い。
Cちゃんパパなぞは、「これ160点位いったんじゃねーかな」と興奮して囁き、思わずオレが真剣に「いやいかないです」と即答してしまったために、「そうなんだ…」と寂しげな顔してましたよ(ごめんCちゃんパパ)でもそれ位良かった、とCちゃんパパは思った訳ですからね。(COIでのハナミズキも相変わらず良プロでした。テケはプロスケーターとしてどんどん進化してるよなぁ…)やっぱり凄いよテケ!

ステファン・ランビエール
 ランビはJOで復活の新FP披露。・・・まあ「ブエノスアイレスの秋」はショーでも何度か見ているので、完全な初お披露目ではなかったですが、やはりランビはランビですねぇ。最後のスピン鳥肌!ステップ・コリオ全てが芸術的。ランビや大輔くんを見ていていつも思うことですが、やはりフィギュアというのは、芸術性とアスリート能力の融合した競技であり、どちらが欠けても成り立たないスポーツですよね。技術なしに台には乗れないけど、技術だけでは観客の心は掴めない、と。(イイこと言った今) 
COIで披露したのは、噂の「Ne me quitte pas」(この曲、ずーっとNe me quitte pasという歌詞を繰り返すんですが、プロ初披露の当時「脱ぎっぱ」に聞こえるとスケヲタ間では話題沸騰…)この脱ぎっぱの後(脱ぎっぱちゃう)アンコールでは、今季FP「ウィリアム・テル」のslstを披露。やっぱ運動会の曲は盛り上がりますなー。これ五輪で見たら観客はきっと大喜びですね。

 しかしですね。ごにょごにょ。復帰以来ちょっとランビの点数インフレ気味?のような気が…。ネーベル優勝そのものには喜びこそすれ何の文句も無いですが、ネーベルでもJOでも、3Aを1度も飛ばずに(2回とも2Aだた・・)150点越えって… マジすか?んじゃ、もしクリーンに3Aを2回飛んでたら何点出てたんだよ。170位いっちゃうんじゃないの!?いくらおいらがランビファンでもこれはえーとちょっと…(笑)

織田信成
 織田選手はCOIのみの出演で、今季のSP「死の舞踏」を披露。
えーと。悪くなかったです。…というか、相変わらず猫のようなジャンプ着氷に柔らかスピンなど、殿の良いトコロも勿論あったんですが、なんだろうこの違和感… うーん。 
モロプロらしく冒頭はジャンプ3本固めうち。スピン→ステップ→スピンと繋げて、畳み掛けるようなステップでフィニッシュ。SPですから当然どの選手も同じような構成になるのは仕方ないとは思うのですが、それにしてもうーむ。
ラストのステップを見て(モロ、殿に大ちゃん養成ギプスを付けさせたいのか?)とか思っちゃいましたよオイラ…。全く違う個性の織田選手に、高橋選手と同じことを無理にやらせてる感と言うか。(いや、もちろんそんなこと無いんだけど)これからシーズンが進むにつれて殿本来の良さが出てくれば、そんな印象なくなっていくと思うんですが、まあ今の段階では、オレの素人目にはどうもそこの辺りの違和感がなぁ…。
FPのチャップリンや、エキシのオースティンパワーズなんて、殿の個性にピタリとあった、観客も大いに盛り上がるナンバーだと思うんですが。

しかし、やはりと言うか何というか、軽くまとめる筈のJOとCOI鑑賞報告、やはりいつまで経っても女子に辿りつかねえ…(笑)

 次はもっとさっくりまとめるということで(絶対ウソだ)、とりあえず男子のみでいったん終了~!続き(あるのか)はまた近々!


ところでJOにて。男子と女子の競技の幕間。プロスケーター荒川静香サマが、布を持って舞う、美しい滑りを披露したんですが、その最初のスタンバイの際、暗闇の中、静香サマの後ろにつき従う一人の怪しい男子スケーターの姿(笑)。
  友人O「…誰?」
  オレ 「ただの布持ち役のスケーターじゃない?」

そして静香サマが、クルクルと優雅に身体に巻きつけていた布を解きつつ舞い始めると、布持ち役の男はダッシュで出口へ遁走。・・あ、少しつまづいてる?
  オレ 「…あ、あああああああ!!(← 一応小声)」
  友人O 「ど、どした」
  オレ 「あれ大ちゃんだよ。間違いないたぶん」
  友人O 「え、そうなん?顔見えた?」
  オレ 「いや 見えなかったけど」

えー。
いつもの通り何も無い所でコケかけてたから、とかではけしてなく、シルエットで大ちゃんだと分かっただけなんですが(それはそれで怖い)、それにしても静香サマの布を離すタイミング、絶対遅れてたと思いマス。どう見ても、あの時の静香サマは「こら、はよ離さんかい」と言わんばかりに、大ちゃんから布ひっぺがしてたようにしか見えなかった(笑)
[PR]
by miyabin-k | 2009-10-06 00:16 | スポーツは観戦派
<< 速報!高橋大輔選手フィンランデ... カーニバルオンアイス(COI)... >>


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧