帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

JO(ジャパンオープン)とCOI(カーニバルオンアイス)報告(後編)

フィンランディア杯、高橋選手優勝おめでとう!!
正座SP(笑)もそうでしたが、やはり4分半のFPではもっとヘロヘロでしたねぇ。でも何と言ってもケガ明けの初戦な上、新FPの初披露。課題も見つかったとご本人も言っておりましたし、あくまでも今回は試運転ですもんね。

ちなみに、この新FP「道」、実は通しではまだ3回しか練習したことなかったとか。
ええええ!?3回? いやもちろん部分練習は沢山積んでいるにせよ、よくまあ最後まで滑りきってくれたと、今やそっちの方に驚愕ですよ。もともと靴の不調で9月中旬練習がほとんど出来なかったようだし、それを考えると本当によくやってくれたなあと感涙です。FPで4回転が3回転になったとか、スピンでふらついたとかジャンプでDGされたとか、細かなミスは沢山あったとは言え、これは本人にとっても周囲にとってもおそらく想定の(ちょっと変な表現ですが)範囲内だったことでしょう。
とりあえず、今回はそんなことより本当に復帰してくれてありがとう、そして優勝おめー!
(ちなみに、スケート靴は急遽13足発注したらしいです。すごいな13足て・・・笑)


さて、ちょっと合間が空きましたが、JOとCOI、男子編に引き続き、本日は女子編です。

・・・しかしその前に。
今回JOに急遽来てもらったTちゃん小ネタ。
  Cちゃん「ねえ、今度のオリンピックってバンクーバーなんでしたっけ」
  オレ 「そうだよー。ワクワクするね」
  Tちゃん「バンクーバーかぁ」
オレ「あはは、ちなみにTちゃん、バンクーバーってどこの国の都市か知ってる?」

  Tちゃん「(間髪入れず)オーストラリアでしょ」

  オレ&Cちゃん 「!?え・・」 
  オレとCちゃんの沈黙に動揺したTちゃん。
   「・・あ、あれ違った?」
  オレ「いつバンクーバーがオーストラリア領になったんじゃいっっ」
  Tちゃん「・・きゃーやだ!間違い、思わず間違っただけなのー」

  オレ&Cちゃん心の声(…本当か?本当にただ間違っただけなのか・・) ←疑惑の目




ベアトリサ・リャン
 いやぁ、生ベベ見れるとは思わなかった。数年前のGPSで初めてベベを見た時、「お、なんだか親近感…」と典型的ジャパニ顔・体型のオイラは思ったものです(すまんベベ)が、今回もやっぱり親近感だった・・・(笑)。溌剌とした演技で好感の持てる選手なのですが、調整不足からか今回はジャンプミスがちょっと目立ちましたね。まあ長洲未来選手のピンチヒッターとして急遽参戦が決まった訳で、調整不足は仕方ないですよね。COIの方では素敵な演技を見せてくれていたので、USA女子は層が厚くてトップグループ入りは大変だとは思うんですが、今季頑張ってほしいなあ。しみじみ。

ラウラ・レピスト
ラウラたん…。昨年NHK杯で生で見た時も思ったんですが、本当にモデル体型で可愛ひ…うっとり。フィンランドの選手はポイキオ選手にしてもコルピ選手にしても、とにかくスケーティングが美しいことで定評がありますが、レピスト選手は最近トリプルの精度も上がっているし、昨年のスケカナSP1位、更に1月の欧州選手権で優勝と、今ヨーロッパでは一番勢いのある女子選手ですよね。一緒に行ったTちゃんは、「私この人すっごい好きー。なんかスケートと本人の雰囲気合ってる。可愛いよねぇ」と言っとりました。えらいぞTちゃん、珍しくまともな意見だ(笑)

ジョアニー・ロシェット
 ロシェット兄貴、いや姉貴の新FP「サムソン&デリラ」!おおうなんという素晴らしい仕上がり。このプロいいなあ。シーズン初戦でFP126点て…。ジャンプの安定感が半端ねぇ(驚愕)。トリプル全てをきっちり決め、スピンも綺麗。これはマジでバンクーバー台乗り候補筆頭じゃないですか。今ここまで仕上がってるってことは、予期せぬアクシデントやプレッシャーなどで崩れない限り、GPFにも間違いなく勝ち上がってきそうですね。COIでのエキシも観客へのアピール凄く良かったし、ロシェ兄貴、数年前まではSPが良くてもFPで自滅というパターンが多かったのに、最近は見ていて失敗する気がしないですね。(去年のSP「サマータイム」も好きだったぜ・・・) ホント、チームJAPANの強力ライバルはキムヨナだけじゃないっつーことですなぁ。大変だ。

中野友加里
 中野選手の新FP「火の鳥」はまず衣装に度肝抜かれ系(笑)。 うーんアレどうなんだろう。色遣いとか派手で目立つし、実際「火の鳥」という題材にはマッチしていて綺麗なんだけど。海外の観客やジャッジって結構保守的ですから、奇抜?な衣装って受付けない傾向が少々あるんですよね・・。いや、むしろ大ウケという展開もあるかもしれんが。
ちなみにプロが始まると、アクセルジャンプで転倒。その後一瞬演技が止まったので、(もしや大ケガ!?)と一瞬会場が凍り付いたんですが、ゆかりんは根性で滑り切ってました。終わった後、上着は肩にかけているものの、その下でアイシングしているのが分かったので、オレもうめっちゃうろたえ。うわーんOPシーズンにJOでケガなんかしたら泣くに泣けないよう。どうすんだよスケ連!!あうう超心配・・。TEBまでに本調子になるよう切に祈ってます。(あと2週間だけど・・) ※10/08現在の報道によれば左肩の亜脱臼だそう。うう(涙)がんばれゆかりん~

エレーナ・グレボワ
 グレボワ選手、今回良かったですね。スケヲタならともかく日本ではあまり馴染みがない選手かもしれませんが、エストニア国内ではここ数年ほぼ無敗。昨年のカールシェーファーでも2位、世選でも常に15位前後を推移している実力派スケーターでございます。雰囲気美人(失礼な)で性格めっちゃ良さそうだよね。・・つか、以前から自身のBIOで「好きなスケーター」欄に、「DAISUKE TAKAHASHI」と入れてくれてるのがオレ的に好感度・高(関係ない・笑) チーム・ヨーロッパは、サラ・マイヤー選手が直前のケガで出場できなかったため、こちらもベベと同じく急遽参戦で、調整はどうなんかなーと思ってましたが、一週間前にネーベルにも出てたし、むしろ初戦より落ち着いて演技できたのかもですね。GPSは今年スケアメ1戦だけですが、上位入賞狙ってほしいなあ。(と言いつつCOIの演技、記憶が飛んでる・・ごめんグレボワたん)

安藤美姫
安藤選手は今回、COIのみ登場。新SP「夜の女王」、曲はかなり激しくてコリオも濃いぃー感じでしたが、私は嫌いじゃない路線でしたね。しかし、衣装まさかあれでいかないですよね・・?いやいや、私は正直言ってエキシなら全然あれでもいい(さすがに顔のメーキャップは変えてね)ですが、さすがに競技会であの衣装は着ないよね・・?たぶん(笑)
COIだけではまだ調子は判断できないですが、ミキティはなんだかんだ言って表彰台を狙える位置に充分つけてると思うし、ホント応援してるよーん。

浅田真央
 今回はほんっとーに色々、課題というかある意味真央ちゃんのウィークポイントというか、顕著に出ちゃいましたねえ・・。JOでの初披露FP「The Bell(鐘)」は、ステップは素晴らしかったものの、3Aの失敗から全体的に精彩を欠いてしまった感しきりでしたが、COIでの「カプリース」・・・あの躍動感と高い技術、身体・表情全てを使った表現は、もはやエキシの女王とも呼べるような出色の出来! JOとCOI、同じ日に同じ人が滑ったとは思えん。
うーん・・・まあ当然のことなんでしょうが、試合の緊張感というのは、ここまで演技に影響しちゃうんですね。昨年もエキシは本当に躍動感があって素晴らしく高い評価を得てましたが、SP、FPは良い時と悪い時の落差が激し過ぎる感があったし・・・。ただ、真央ちゃんは悪い時の後は必ず不死鳥の如く蘇ってくるタイプだし、突出した才能と天性の負けず嫌いがバランス良く拮抗している選手だと思うので、この悔しさをバネに、TEBでキム・ヨナ選手に大きなプレッシャーをかけるような演技を見せてほしいものです。(ただ練習動画などを見ていると、キムヨナ選手今年も絶好調ぽいんですよね。この選手は好不調の波がほとんど無く、高いレベルを常に維持しているのが、選手として素晴らしい部分でもあり、また対戦相手にとっては本当に怖いところでもあります)

真央ちゃんは、本当に持てる全ての力のうちで最高の演技を見せてくれたら、金メダルは自然とついてくると思うので、あとはその力を思う存分発揮してほしいなーと願うばかりですね。

ちなみに今日偶然、報ステで真央ちゃんインタビューやってましたが、改めて「なるほど」と思う部分も多かったですねえ。去年と演技構成を変えず、苦手なSPに昨年のFP仮面を使うことで苦手意識を払拭するなど、かなり戦略的ですよね。

もちろんキムヨナ選手も、今回は完璧に取材拒否ということで、現時点ではSPが007ボンドメドレー、とLPがガーシュインのコンチェルト、ということしか分かってませんが、真央ちゃんと対照的に音楽に関してはむしろ挑戦的な選曲になっていて、これもおそらく五輪に向けた戦略だと思うので、その全貌が現れる今週末のTEBが本当に楽しみですね。

何と言っても全ては五輪のため。不安要素はもちろんありますが、こうなったら本当にめっちゃ応援しますぞー頑張れ真央ちゃん!!


・・・はあ、ようやく書き終わった。
ホント、なんでこんな書くのが長いんだオレ・・。
いい加減、読む人のことをまったく考えて無いからですね、えへ。 ←えへじゃない。


[PR]
by miyabin-k | 2009-10-12 23:55 | スポーツは観戦派
<< フィギュアスケート グランプリ... 速報!高橋大輔選手フィンランデ... >>


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧