帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

カンクン メキシコリゾート滞在記

いやぁ、ホントにリゾートそのものを満喫してきました。

ハワイもグアムもバリもプーケットも、そこにはそこの良さがありますしオイラはどこも大好きなんですが、カンクンはそのどことも違う感じというか。今まで行ったことのあるリゾートの中で日本人観光客が最も少なく、英語しか通じない(いや、スペイン語喋れないもんで…)という意味で、やはり「欧米人用のリゾート地」という感じでしょうか。

出発当日は朝の9時半成田集合のため、渋谷8時過ぎ発の成田EXで出発というなかなかの強行軍。ちなみに今回の旅の相方はTちゃんではなく、常にクールな友人Aちゃん。彼女はオイラ以上に英語ができるので、旅自体に何一つ不安はないのですが、オイラ同様、かなりマイペース(いやその点はTちゃんも負けてないが・笑)なので、一昨年一緒にハワイに行こうという話になった時、「マイル貯めたいから飛行機AN●にしてよー」というAちゃんに、オイラが「えーそんなん言い出したら私J●Lなんだけど」と返した所、あっさり「じゃあ別々に行く?現地集合でええやん」「・・・は!?」「だからハワイに現地集合、現地解散で」「・・・一緒にハワイ行こうっつー二人が、別便で行くの?」「え、だって別に行き帰り位一緒じゃなくても良くない?」「・・・それもそうか」

という訳で、本当に往復とも別便で行って帰ったと言う。(友人に話したら、「信じられんー」と皆に爆笑された。笑)

そんなマイペースなAちゃんとオイラの旅はAA(アメリカンエアライン)でまず12時間のダラスへの旅を経て、ダラスで2時間のトランジット。その後メキシコ・カンクンまでさらに2時間半というかなりの長時間の飛行機旅。

現地時間の14時頃、到着した時には二人とも時差ボケもあって既にヘロヘロだった訳ですが、「うおー凄い湿気と暑さ、日本と変わらないじゃん」「ホント、直射だから確実に35℃位はあるね、しかも太陽が眩しい…」「ドバイの50℃よりはマシだけど…」などと、普段アウトドアと全く縁のないオイラもAちゃんも軽く引き気味。(笑)
「カンクンは、日本より紫外線の量が4~5倍と言われていますので、日焼け対策は万全でお願いしますね」と現地で迎えてくれたガイドさんに言われるまでもなく、オイラもAちゃんも「リゾートに来たからって、焼く気はない」という固い決意に満ち溢れているので(←カンクンにいったい何しに来たコイツら)既に機内で日焼け止めも塗って、対策はバッチリです。

d0046693_2322577.jpgまあとりあえず、今回Aちゃんの一つ目の希望「海が見える戸外でのエステ」をさっそく予約し、我々の宿泊する「Cancun Caribe Park Royal Hotel」へのチェックイン後、ざっとシャワーだけ浴びてから、慌ててタクシーで「ME by MERIA」(とかって名前だったとオモ)というデザイナーズホテルへ乗りつけます。

時間ほぼピッタリに到着した我々に、SPAの受付女性が簡単な問診票(体調チェック)を渡し、それを書き終わった後、清潔でオシャレなロッカールームでバスローブ姿に着替えれば、各自担当のエステティシャン2名に、あっという間にホテルのプールサイドへ連れ出されます。そうして3分ほどテクテク歩いてプールサイドを抜け、ちょっと高台にしつらえてある、完全吹き抜けの南国風な屋根の下へ辿り着くと、とても綺麗な白いベッドが4つほど並んでいて、「Here!」とエステお姉さん。

う、うわーーー青い海、白い砂。吹き抜けるさわやかな潮風。(上の写真は私のデジカメ撮影)

 
海 が ! 目 の 前 で す け ど ! 


ちょっと何。このシチュエーション。
楽し過ぎる・・・

有頂天のオイラとAちゃんがベッドに横たわると、さっそくガウンをちょっとずつずらしながら(一応、戸外ですからね)全身をくまなくオイルマッサージ開始。
時差ボケのせいもあるのですが、本当に素晴らしく上手だったので、20分位経つ頃には、すっかりうつらうつらと夢心地。
終了後に「私ちょっと寝ちゃった。超気持ち良すぎて起きてられなかったよ」とAちゃんに言えば、「私も。もう完全に落ちたよ。また波の音がザザーッてずっと一定のリズムで聞こえてくるのがね、たまらんね」「ホント。あれは癒された。気温的にも夕方だからか、全然暑くないしパーフェクトだったね」「初日から最高だったね」
などと、二人して大満足。

実は、AA機内は成田-ダラス、ダラス-カンクンともにあり得ない程に空調が寒く、どんな飛行機でも機内が寒いのは当然分かっていてさえ、「これ、ちょっと軽く冬眠しそうな勢いなんですけど」「AAは乗客を凍えさせて何のメリットがあるんだろう」「眠らせて、クレーム処理の数を減らすためじゃね」「そうかもしれん」などと、二人して真剣に機内討論を始めかけたほど身体の節々が痛くなっていたのですが、このマッサージのおかげで、本当に身体の凍えと痛みが消えたので、「カンクン、最高~」とあっさり喜びつつ、初日を終えるチョロイ二人組だったのでした(笑)

ちなみに2日目、一切肌を焼く気のない我々は「昼間泳ぐなんて欧米人のやることだ」「そうだそうに違いない」(←なにこの人達)と意見の一致をみたので(まあ欧米人は基本的に日焼け大好きだから…)、カンクンのホテル街からちょっと離れたセントロ地区のショッピングモール、さらにホテル街に戻って、少しだけブランドショップが入っているククルカンプラザ、さらに近くのラ・イスラ ショッピングビレッジでお買物。

正直言って、カンクンのショッピングモールには買いたいブランドも特に無かったので、今回二人ともほとんど買物はせず。(一応あった幾つかのブランドショップの中で、Aちゃんが欲しがってたヴィトンのレオパードの新色スカーフは店に無かったので、Aちゃんは昨シーズンのレオパードを購入。オイラはかねてより探してたTom Fordのサングラスを発見したので、縁がブラウンのものとダークグリーンのもので悩んだ後、最終的には珍しくて可愛いということでダークグリーンのサングラスを購入。Tom Ford、日本でセールしないからね…。)

ブランドものと言えるもので今回二人が買ったのは結局これ位でした。よく考えたらせっかく円高だったのにちょっと残念だったかも…。

そんなこんなの買物の後、夕方ホテルに戻ってから一応水着に(!)着替えてプールサイドへ。天蓋のついたベッドに二人で寝っ転がって、カクテル飲みながら夕暮れの海をしみじみ眺めてました。(いや、別に二人とも哀しいことがあった訳では・・・)

そして、水着なのにやっぱり泳がない二人(笑)


…しかしこう書いてると、オレらリゾート地に本当に何しにいったんだろう…。 てへ
[PR]
by miyabin-k | 2010-09-19 23:33 | 旅ゆけば~
<< ネーベルホルン杯とかフェルナン... FOI(フレンズオンアイス)2... >>


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧