帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

カテゴリ:韓流( 17 )

韓流サミット in 羽田

さてはて。すっかりGWを満喫中のmiyabin-kですコンバンミ。

いやあいいっすね連休って。 
嗚呼!ウィーク オブ ゴールデン。 
ビバ!ゴールデンウィーク ビバ!(わかったから)


5月1日まで、焔の連続出勤を続けていたウチの職場(というか課)ですが、2日からはようやく世の中の流れに乗り、怒涛の4連休をすっかり満喫いたしましたワタクシ。(過去形なのは、明日土曜がもう出勤だからです・・・寂)

2日だけは家でゴロゴロしてましたが、3,4,5は結局遊びほうけてました。
とはいえ、遠出する気力はさすがになかったので、出かけたのは、中目黒やら同僚の家やら銀座やら、全て近場ばっかですが。

しかし、そんな暢気なGWを過ごしていたオイラの許へ、4日の夜、1通の衝撃メールが!!

以下、これから初のソウル旅行へ出かけるという友人Jちゃんからのメール
           ↓
 「羽田空港、すごい女の嵐! イビョンホン!なんとワタシと同じ飛行機だよ~!カン・ドンウォンと並んで機内に歩いて入ってきたよ。カン・ドンウォンと握手して話しちゃった~。では行ってきます!」


(・・・・・)


なんですと?

「では行ってきます」って、「行ってきます」って・・。
・・・そ、それで報告は終わりなのか、Jちゃん!
カン・ドンウォンとどんな話をしたんだ!その時、ビョン様はどうしてたんだ?

そ、そこまで書いてから行って~っっ (←ソウルの方向へ追い縋り、号泣してます)


7回ソウル行ってて、オレ一度もスター様に巡り合ったことないんですけど・・(涙) ←ちょっとヤサグレ
[PR]
by miyabin-k | 2006-05-06 00:07 | 韓流

今日もどこかでヨン様

映画「4月の雪」以来、めっきり話題に上らないので、人気も多少落ち着いてきたのかと思っていたのですが、日本でのヨン様は既に、単なるブームでなく、地方に行くといまだ見られる懐かしのボンカレー看板並みに、日本に根付いちゃったってことなんでしょうか。

昨日お昼を食べに行った韓国料理店の入り口にあった缶ジュース↓


d0046693_135495.jpg
・・・150円なんだ。  ・・・そうなんだ・・  へえ(遠い目)


しかし、こんなスポーツドリンク如き、日本でのヨン様人気を語る上で、まだまだ役不足でしょう。
本当のヨン様人気とオシャレは足元から。
ええ。ヨン様はどこまでもあなたのお傍に。  (・・・ていうか、つま先に)


              ↓

              ↓

d0046693_111454.jpg


・・・アナタ 誰。


「カンゲキ庵」さんのトコで、ヨン様くつしたがウチにあるの以外にも色々種類があることを知りました。 絵柄は精密になったのもあれば、あきらかに絵師の手元が狂っちゃったものもあるようです(笑)
[PR]
by miyabin-k | 2006-04-20 01:33 | 韓流

何故来るんだサンヒョク・・

ええ。確かにここ数日、CMで見る度に気になってましたよ、コレ↓

【ZAKZAKより】 芸能人や人気映画、アニメが次々とパチンコ台になる中、“大本命”が登場する。 
 遊技機メーカー大手の京楽は2日、最新機種「ぱちんこ 冬のソナタ」を発表。都内で行われた発表会には、ヨン様の“ライバル”キム・サンヒョク役のパク・ヨンハ(28)がゲストで登場し、場内は大興奮に包まれた。 (後略)d0046693_23454455.jpg


 「ぱちんこ 冬のソナタ」 

 へえ・・・・。 (号泣)

ちなみに、玉が入ると「チャラララ~♪」とあのお馴染みの音楽が流れ、冬ソナの様々な名場面が見られるんだそうです。

・・ワー。ステキダナー(棒読み)


・・・しかし何故、ぱちんこと付いただけでこんなに物悲しいのでしょう。
(しかも平仮名・・。しかもサンヒョク来ちゃったよ・・・。) 

オレ、パックン好きなのに(涙)


調べてみたら、「ぱちんこ 水戸黄門」 とか 「ぱちんこ ウルトラセブン」も同じ会社の作品でしたよ。もういいや。負けたぜ・・
[PR]
by miyabin-k | 2006-02-04 23:31 | 韓流

ある意味 凄い。

本日、所用があって出かけた恵比寿で見かけた光景。

恵比寿の駅から恵比寿ガーデンプレイスへは、長いスカイ・ウォーク(=動く歩道のことです)があるのですが、それに乗って移動していたオレの目の前の1組のカップル。
男性はアキバ系、女性はポッチャリ系。(←かなり控えめな表現ですが、想像がつかないという方は、とりあえず便宜上「長州小力」の女性版をご想像ください)←あ、余計想像できない?(笑)

・・・まあそれはともかく。(アキバ系バカップルは、今回の話とは何の関係もございません)
仲良さげに右手と左手をカップルつなぎの2人が、左斜め前方を見やって、いきなり大爆笑。

(??)

オレも同じ方向を見やった途端、理由判明。

長いスカイウォークは、その両サイドに大きな看板が幾つも並んでいるのですが、その中の1つに向けて、一人のオバサマが必死になって携帯を向け、写真を撮ろうとしているのです。
ああでもないこうでもないと、オバサマが必死に狙っているその看板(被写体)は。

お、おお。

カップル女「(小声で)イ・ビョンホンだよー撮ってんだ携帯」
カップル男「いるんだなーマジあんなオバサン」


いや、ホントだよ。ワイドショー以外でオレ初めて見たよ。生・韓流オッカケ。。

しかしオバサマ、あんた凄いね。 こんな大勢の人々がジロジロ見てる中、たった一人で看板撮影とは・・・。

d0046693_202927.jpgまあ、オレはその昔、ソウルの街中の「FACE SHOP」というコスメショップにて、そのブランドのイメージキャラを務める「グオン・サンウ等身大看板」にピッタリ寄り添うTちゃんの写真を、イヤイヤ撮らされたり、当時、明洞の街角に何故かいきなり設置してあった、冬ソナの中の1シーン「主役2人がベンチに座り、小さな雪だるまをくっつけあう」という名シーンを再現したベンチに座って、超ニッコニコで写真撮ったことありますけどね。(←オマエもか・笑)

[PR]
by miyabin-k | 2006-01-29 02:03 | 韓流

次は『チャングムの誓い』でしょう

久々、韓流ドラマ話。

グオン・サンウの『悲しき恋歌』(フジTV)も終わったことだし、さーこれでもう特に見たいものもないし、韓流ドラマとはしばらく縁がなくなるかと思いきや。きや。きや。
くうー、また来ちゃったよ韓流(←オレの中で)

・・と言うわけで、あっさりハマったこの秋の韓流ドラマ。それはNHK総合で『オールイン』の後に始まった『宮廷女官チャングムの誓い』でございます。
くうー。かなりの面白さですよ皆さん。くうー。

内容は韓国版「大奥」。15~6世紀頃の朝鮮王朝が舞台で、女性ではじめて王の主治医にまで上り詰めた実在の女性の話ですが、なんとこのドラマ全部で54話もあるのです。 (ながっ)
BSで昨年放映され今回地上波に降りてきたわけですが、さすがの私も「54話?・・げ」と、正直見る気はほとんど無く、ザッピング中に偶然「ああ・・?今日からだったんだっけチャングム・・」程度の、ながら見だったのです。
ところが一度見始めたら最後、このドラマってば、もうやめられない止まらないのノンストッピング・ストーリー。あまりの展開の早さと凄まじい修羅場の連続に、昔懐かしい『もう誰も愛さない』の吉田栄作も、思わず「ウォー」と叫んで走り出す勢いなのです、いやほんと。(・・しかしあのドラマの山口智子は衝撃だったなあ。吉田栄作への「ストッキングを舐めなさい」シーンは今だに忘れられん・・)

・・・いや、(コホン) えーそれはともかく。 『チャングムの誓い』なのです。
現在(第4回)は、まだチャングム幼少期の話なのですが、とにかくこの子、頭が良く可愛いのに、口が軽いわ直情径行だわで、周囲の人間は振り回されっぱなし。母親も父親もおしゃべりチャングムのせいで死んだようなもんですが、どうにも本人にイマイチその辺の自覚がなく、勘違いに必死(笑)で、ひたすら一生懸命なのです。
しかし、母親の仇や料理対決、仲間のイジメや宮中の陰謀やら、とにかく第1話から既にありえない波乱万丈ストーリーで、毎週とにかく目が離せないんですよねえ。 (考えてみると、「もう誰も愛さない」も、展開のあり得なさ加減では韓国ドラマに通じるものが・・)

たぶん『大奥』が好きな人なら、チャングムは間違いなくハートにクリティカルヒットすることでしょう。・・ただし、男女の色恋はあまり出てきません。

ちなみに、次回の5話からはついに成長したチャングムとして、あのJSAのイ・ヨンエが出てきます。 わーい (←ファンらしい)
  
[PR]
by miyabin-k | 2005-10-31 01:41 | 韓流

ヨン様 衝撃画像

d0046693_073457.jpg

私にはおばさんヘアに見えます。

気のせいでしょうか・・・

 
ファ米。
[PR]
by miyabin-k | 2005-08-25 00:13 | 韓流

『誰にでも秘密がある』

言わずと知れた、韓流のトップスター、イ・ビョンホンとチェ・ジウ主演の映画でございます。

【ストーリーダイジェスト→】個性的で美しい3姉妹の前の現れた、ハンサム&インテリジェンス&ミステリアスな男(=イ・ビョンホン)、3姉妹とそれぞれ秘密の関係を持つこの男の真の目的は・・?

公開当時から気になってたんですが、なんだかんだで当時行きそびれてしまっていたので、ようやくDVD借りて見てみました。おお、ビョンホン氏~やっぱりエエ男ですなあ・・・チェ・ジウたんは、どんな役やっても可愛いですねえ。
・・・以上。(それだけか)

えーと、別に凄まじく面白くない訳では・・・ない、ようなあるような・・ないような。(どっちだ)

まあ、見終わった後、ここまで内容についての感想が書きようがない映画ってのも、ある意味凄いと思います。 ・・ぶっちゃけ、なんであのシナリオでOK出たんでしょう?(謎)

 
[PR]
by miyabin-k | 2005-08-13 04:04 | 韓流

『僕の彼女を紹介します』を見てみた

ええ、ようやく見ましたとも。
「会員証そろそろ更新せんとなー・・」などと思い、更新がてら出掛けたTSUTAYAでたまたま目に付いたのがコレだった訳ですが、まあずっと見たいとは思っていたので、悩むこともなく即レンタルしてみました。(会員証、とっくに期限過ぎてたけど・・)←行く前にまず日付を確かめろ自分(涙)

同じクァク・ジェヨン監督&チョン・ジヒョンの前作『猟奇的な彼女』がめっちゃ良かったんで、この『僕の彼女・・』も期待して見たんですが、見終わった今、正直言ってワタクシ「・・・・」かーなーり固まっております。なんだろうこれ・・
うーん。ヒロインのチョン・ジヒョン相変わらず可愛いし、相手役のチャン・ヒョクも良いのに、いったい何故こうなっちゃったんだろう。・・・合点がいかんな~。ねえなんでなんでー?(ジタバタじたばた)

とにかく一言で言えば「詰め込み過ぎ」。
「イル・マーレ」+「ゴースト」+「猟奇的な・・」などの映画のおいしいトコ取りをした上に、ポリスアクションまで無意味に入れようとして、最後、訳わかんなくなっちゃった・・・みたいな。
・・あ、ちなみに私はストーリー性など無視して場面場面で号泣する人なので、ラスト30分普通に号泣しましたけど。(←泣いたんかい) えへっ(ウインクして舌出してます)

ま、とりあえずこの作品は、チョン・ジヒョンの魅力満載プロモだと思えば腹も立たないハズ・・・  たぶん・・ハイ・・(自信なさげ)

 
[PR]
by miyabin-k | 2005-08-09 01:05 | 韓流

チェ・ジウ結婚!?

しかも、噂の相手はチャン・ドンゴンですよ。おおドンゴン氏ー!キムチ ジュセヨー! チヂミ ジュセヨー!
2人並んでんの見たら、なんかコンタクトとかブラとかいろんな物がズレそうですね。美形オーラで。

まあ、双方の事務所は完全否定だそうなので、にわかに真実とは思い難い話ですが、韓国では大騒動になっているんだとか。まあ、なんたって涙の女王ジウ姫と、韓流四天王の1人、「15秒」の異名を持つドンゴン氏のビッグカップルですからねえ。(「15秒」とは、チャン・ドンゴンに初めて会った女性が、あまりのハンサムっぷりに必ず15秒程度見惚れる、という逸話からきたニックネーム・・・らしい)(漫画みたいな話です)d0046693_2341488.jpg

騒がれるのも当然といえば当然の2人な訳ですが、それにしても、これがウソから出たマコト、瓢箪から駒、なんてことになったらもっと凄い騒ぎになっちゃうんでしょうねえ・・・(少し期待してみたり)
                しかし二枚目だねこりゃ・・

[PR]
by miyabin-k | 2005-07-12 00:40 | 韓流

韓流ドラマ考察

・・・またしても、韓流ドラマの罠にハマり始めちゃいましたよう。

これまで、かなりナナメ見状態だった「悲しき恋歌」(フジ:土16時~)、ここ3週間くらい、ビデオに録り始めたのが運の尽きでございます。・・だって面白くなってきたんだもん、くすん

ストーリーは、「グオン・サンウ演じる主人公ジュンヨンと、幼馴染みの盲目の少女ヘイン。逆境の中、お互いに助け合いながら成長し、いつしか愛し合う2人。アメリカで手術をすれば目が見えるかもという一縷の望みに賭け、アメリカ―韓国と離れ離れで暮らし始めた2人に、コレデモカー、ソレデモカー、カフェモカーと襲いかかる、信じられないような不幸と偶然とすれ違いの連続」(韓流ドラマの十八番キターー!) (→あ、次回から舞台は韓国らしいです)

しかし韓流ドラマって、どうしてこう次々と濃いぃ~試練を恋人同士に課すのでしょう。
 病気(=たいてい白血病or失明)・記憶喪失・身分違い・出生の秘密・女1人をめぐり男2人が争う・・etc  どれを取っても究極なのに、韓流の場合、1つのドラマ中にこれらの要素が必ず2つ3つ盛り込まれてるという、いっそ天晴れな程の気前の良さ。
こんな話ばっかり見慣れたら、普通のドラマ、もう薄口過ぎて見れないよう。

・・嗚呼、もう元には戻れない。何も知らなかったあの頃には ・・・ふ。

まあとりあえず数年後、主人公が不幸じゃないドラマを見て私が「なんか物足りん・・」とか言ってても、見ないフリしてそっとしといてあげて下さい(笑)

[PR]
by miyabin-k | 2005-06-29 00:18 | 韓流


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧