帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

グランプリシリーズ第1戦 スケートアメリカ

約3週間ぶりに書いてますが、大方の予想どおり例によってスケートネタです~ごめんよ興味ない人。

さてついに!つ-いーに! グランプリシリーズ開幕です。d0046693_057145.jpg
待ちに待ったシーズン到来。むっふっふ。今季はますますいろんな意味で目が離せないもんなあ。今季から競技復活という話だったプルシェンコは、どうやらGPシリーズには出ないようですが、ちょっと奥様、去年はスケカナしか出なかったランビエールもちゃんと(病気とかなければ)出るんですよー。ああもうドキドキわくわく興奮するぜー。むひょひょ。 ←絶賛興奮中

ところで、男子は高橋くんが優勝しましたね。ブラボートレビアーン。
2回スっ転びましたがそれでも貫禄の優勝。
ライサチェクのFS、ジャンプもステップも非常に良かったので、大輔くん、4回転(クワド)の出来次第では危ういのかな・・とも多少思ったのですが、まあ何といってもSPで12点差ついてましたからね。この点差を逆転するには、ライサチェクはクワドを2回くらいクリーンに飛ばないと無理だわな。
大輔くんのクワドは、前回の日米対抗がウソのように(笑)クリーンに決まったので、まずホッと一安心。ただその直後の1つ目の3アクセル、軸がちょっとブレましたかねぇ・・コケちゃいました。2つ目の3アクセルのコンビネーションと3サルコウはとっても綺麗でホントその後の転倒が勿体無かったなぁ・・ ステップに関しては、他の選手と比べて完全に別次元でしたね。トリノの頃はステップ王子なんて言われても「うん・・上手だよね」という位の感想だったのですが、今は本当に素人のオレが見ても、格の違いが分かりますからね。凄いなぁ・・

そして、女子はミキティがSP終了時点で2位。1位はキミー・マイズナー。明日放送されるフリーで結果は分かる訳ですが、キミーとの点差も僅差(約3点)ですが、実は3位のキャロライン・ジャンもミキティと0.1しか差が無いからなぁ・・このうちの誰が優勝しても全くおかしくない訳ですよ。うーん、ミキティ頑張って欲しいっすね。痩せて本当にビュリホーな体形になったし・・・。コケたのがステップの途中だったってのは珍しいですが、まあたまにはああいう事もあるでしょう。ファイトだミキティ!!

キミーは前回優勝した時の世界選手権以降で、オレが見た中(限定)では一番出来の良いSPでした。佐藤有香サマ曰くジャンプの回転不足なんかもあったようですが、安定感は抜群だったし。・・あ、エミリー・ムチムチ・ヒューズ嬢は、今回は髪をアップにして、今までの「いかにもティーンでっす」的な部分が押さえられてて、演技も丁寧になってましたねぇ、オレ好印象。
(それにしても今回、演技・構成点は合計しか見せてくんないから、いったいどういう点数の付き方したのかがさっぱりわからん。あれ今回から変ったんですか?・・不勉強でスイマセン知らないんですけど)
キャロライン14歳は、パールスピンが相変わらずお見事な出来。あれはやっぱり魅入られちゃいますよね。ただエミリーなんかの後に見てしまうと、とにかくもう全てがか細くて小っさい。小枝みたいですよホント。前回も書きましたけど柔軟性が半端なさ過ぎて、もはやスケートというより一人雑技団に見えちゃうんだよなぁ。同じように細いキム・ヨナとかミライ・ナガス見てても全然雑技団とは思わないのに何故なんだ(笑)


はあ・・しかし。しかーし!!オレは怒ってる、怒ってるんだ。(またか)
TB●よりはマシかと思われたテ●朝のGP放映。

・・・いや、確かに実況はオレとしらすちゃんが激しく憂慮してたような事態にはならず、有香サマの「アタシ余計なことは喋らないわよ」というオーラ出まくりの見事な解説と、それに気圧された(笑)実況アナの、割と落ち着いた掛け合いにより、意外なほど心穏やかに見られましたよ。
しかし、しかしですよ。有香サマがどんなに偉大であろうとも、こればっかりは防ぎ得ない超アンビリーバボな事態発生。
あの編集・・  うぉおおおおおおおお(思い出したら怒りのオーラが再噴出してきた・)
女子は、SP最終Gの6分間練習までほぼ完全に見せておきながら、男子で見せたのはFS、それも小塚・高橋・ライサチェクの3人のみ。SPに至っては、オレが超楽しみにしていた大輔くんのSP「白鳥の湖 Hiphop Ver.」を、ダイジェストで見せやがりましたからね。(しかもSPで見せたのはそれだけ)

 ダ・イ・ジェ・ス・ト・・ (倒)

だって、SPでは2位の電信柱クンに12点位の大差をつけてた訳ですよ。大輔くんSP80点台ですよ?こんな高得点を叩き出してるってことは、さぞかしグレイトな演技だっただろうに、これを15秒位のダイジェストで見せるって正気の沙汰とは思えん・・。女子の6分間練習と修造と稔のコメントを何分か切れ(笑)ば、大輔くんと小塚くんのSPとか、あと男子FSもう一人位は充分放映できたのに・・。南里くんだって出てたんだから、せめてFSは見せてほしかったよう(涙)

しかも真央ちゃんにゆかりん、さらにジュベが出る来週のカナダはともかく、再来週の中国大会、驚いたことに1時間しか放映予定なし。確かに日本選手は村主サンとか柴田くんしか出てませんけど、男子はランビやジョニーが出るし、女子はキム・ヨナちゃんやらコストナーやらキャロラインとか出るのに、どうやって1時間で放映する気なんだ。
まさか男子は放映なしで、女子もほぼダイジェストにする気なんだろうか・・ ああああぁぁ これ、ランビのGPシリーズ復帰戦なのに・・ (遠い目)

 タスケテ- タスケテー ・・ (←布団に埋もれて号泣中)

[PR]
by miyabin-k | 2007-10-29 00:51 | スポーツは観戦派

日米対抗フィギュア2007

いやぁついに始まりましたね。今季のフィギュア公式戦(in Japan)。

・・まあね、ついこないだ(7月)ドリームオンアイスとかやってましたしね。正直言うと、「開幕!!」という感じはあまりしないんですけど、公式戦と言う意味では間違いなく新しいシーズンの到来ですからねえ。はあ。いやもうオレは今からワックワク。 
 (ええ。フィギュアとか普段ぜんぜん無関係な人生送ってます。それが何か?)
d0046693_382299.jpg
さてご存知の方も多いでしょうが、10月6日に行われたこの日米対抗戦、日本チームは男女共にアメリカチームに見事に負けてしまいました。とりあえず大輔くんが、4月のジャパンOPのときのジュベール並みにステンステン転んでたり、ミキティもものっそ強烈な転び方して右肩痛めたり。・・まあこれは負けるよね(笑)ってな内容ではあったんですが、それは別にいいのです。(実際、今回の勝敗はファンはあまり気にしてないと思ふ・・・)。この対抗戦は、これからのGPシリーズ、ひいて全日本(アメリカの選手は全米)選手権に向けての前哨戦としてより重要なので、いろんな新しい技やら、新SPや新FSの公式戦での初お披露目の場として、勝敗よりむしろその新演技・新プログラムを見られることこそがファンの楽しみなのです。(だいたいこの大会、去年から始まった訳だし・・)

しかしそうは言っても、やはり日本選手・・・去年の日米対抗時より全体的に仕上がり遅めですかねえ。うーチト心配。もうあと20日ほどでGPシリーズ第1戦・スケートアメリカでございます。4回転2本の大輔くんと、右肩負傷中のミキティ・・ 頑張ってほしいなあ。

ちなみに今回、黒い電信柱ことライサチェックが怪我で欠場したのは甚だ残念でしたが、髪切ってイケメン度がUPしたジョニー王子が来て、しかもだいぶ元気になってたし、ライアン・ブラッドリーも来たし。さらに女子はミライ・ナガスやキャロライン・ジャンといった次世代のスター候補選手の演技を見られてオイラ感激。(TV観戦ですが) 

試合そのものより、本日7日のエキシビが断然面白かったっすね。ミライ・ナガス、昨日スパイラルの滑らかさに感動して、うわぁ真央ちゃん並みの美しさだのう・・とか思っていたら、エキシビでは優雅なだけじゃなく、キュートで元気いっぱいのナンバーを見事に踊りこなしていたし・・。すげーすげー (←アホ感想・笑)
ライアン・ブラッドリーは、お得意バックフリップを2回も披露。あのCMの時には顔をオッサンにされてて(笑)「誰だこれ」てなヒドイ扱いでしたが、今回は日本でもちゃんと顔出し。いや良かった良かった。特に圧巻は2回目の時の片足着氷。「・・いまの片足かよ」て、オレ思わずTVにかぶりついちゃいましたよ。  いやはや、エンタテインメントだね。

さてスーパー14歳・キャロライン・ジャン。とにかく昨日も今日も、身体の柔らかさと滑りの安定感に度肝抜かれて、まだ14歳とか146センチで可愛いとか思うより、とにかくびっくり。なんですかあのパールスピン、そしてそれをまんま持ち上げるビールマン。・・・優美な一人雑技団みたいですな。サーシャ・コーエンとかの柔軟性とは全く違って、なんか身体そのものが軟体系。芯はしっかりありますが、ビールマンの時、中心でのけぞってる頭の位置が腰の辺りにくっついてますよ奥サマ。・・・いや見入っちゃうなあ・・・つか、むしろ怖いもの見たさか(笑)

さあさあ、それにしてもなんといっても!!だいぶ引っ張りましたが、今回のエキシビ、最大の「見て良かった」は、大輔くんの今季初披露のSPでしょうやっぱり。これはオレが大輔くんのファンだから、とかはたぶん関係ないと思われるわけですが、とにかくあのSP「白鳥の湖」・・・ナニゴト?

・・あれ、SPですか? ホントに?

うおおお
ぶったまげた・・

昨日の新FSについては、ジャンプの失敗に気を取られプログラム全体をオレがちゃんと記憶してない(歳?)ため、コメントがほとんど無いんですが、SPについてはもう もう モー・・・。
あれ、いったいどんな練習すればあんなステップと演技と音楽とリズム、遅れることなく滑れますかね。ご本人曰く、「まだ滑り込めてない」らしいですが、あれを完璧に滑ったら、どんなプログラムになるんだよう・・末恐ろしい、というか、今季これでプルシェンコやジュベ、ランビと戦うの見るのが今から楽しみ(うっとり)。 最後に派手にスっ転んだのはご愛嬌ですが、この調子でぜひぜひFSでも凄い演技が見たいのう・・ (スケアメ祈願)

ちなみに、真央ちゃんの演技も昨季に比べると格段に滑らかで、本当に同一人物かと思うほど優美。綺麗になったよねえ。SPもエキシビも衣装が超ビュリホー。ジャンプがコンビネーションにならなかったのは残念でしたが、これは相当今季期待したいですねえ。(しみじみ) あ、ミキティもいっそうスリムになって美しくなったし・・。
いやもう本当に楽しみですなぁこれからのシーズン。 むふぉふぉ

・・・だがしかーし!!
オレは怒っているのだー。TB●のあのヘタレな放送はいったいなんだ、なんなんだ!
演技中の的外れなアナウンサー実況。解説者が多すぎて(ジュンジュン、本田くん、静香サマ)、みな遠慮したのか解説のリズムもちぐはぐ。(つかむしろ喋りは一人でよし)
さらに選手のアップを撮りたいのか、演技中、無意味に寄りの映像を入れようとするあまり、選手の上半身だけ、もしくは足から上へのパンなど、意味不明のカメラワーク多用。だいたいスピンの時に上半身だけ、もしくはスケート靴だけ写してどうするんじゃオラ。またフィギュア撮影に慣れていないのか、カメラが選手の動きについていけず、選手が画面から見切れること数度。(呆然)

 もうイヤだ・・。タスケテクダサイ タスケテクダサイ  と、茶の間の中心で叫ぶこと十数回。

・・・昨年オレとしらすちゃんが怒り狂ってたT●朝日の中継ですら、これよりは遥かにマシだと思われるこの凄まじい放送っぷりに、今後もしもTB●がフィギュアを放送するときは、もはや音声を消し、心頭滅却した上で見るしかあるまい・・と決意を新たにするオレなのでした。
[PR]
by miyabin-k | 2007-10-08 03:08 | スポーツは観戦派


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧