帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

フィギュアスケート世界選手権終了

いやあ・・ほとんど見られませんでしたな今年は・・(涙)

もちろん録画はして、あと見られる範囲ではWebTVなんかを使って深夜やら早朝にリアルタイムで見ましたけど。(男子SPと女子FSとか・・)←毎日残業続きの中でもこの執念(笑)
WBC連覇の直後だけに、世間的には少々盛り上がりに欠けてたようですが、オレ的には、なんと言ってもこちらが本番だもんよ。

まあ、とりあえず全て終了した今、オイラがつくづく思うのは、男子も女子も日本選手は本当に強くなったなぁ・・と言うことですかね。

もちろん、07,08と2大会連続日本人女子が世界女王となっていることを思えば、今年のワールド、表彰台は女子の銅メダル1つだし、その点は残念なのですが・・。
だがしかし!今回男子も女子もバンクーバーに向け、それぞれ最大3枠を確保しましたからね。ふぉっふぉっふぉ。これって凄いことですよ・・・。特に男子!!前回のトリノ、女子は3枠でしたが、男子はトリノでは1枠しかなかった訳で、今回は2枠分増えた訳ですよ。うう、ありがとう、こづ&殿! (ちなみに、今回のワールドで、男子フィギュアの五輪3枠を確保した国は、USAと日本のみ) ←今後、違う大会などでのリザルトを加えてもう少し増えるとは思うんですが。

しかし、男子はライサの気迫溢れる演技、ホントに素晴らしかった。見ててゾクっとしましたよ。シーズン前半のライサは、不調だったり、素晴らしい演技をしてもイマイチ点が伸び悩んでいたりと、新興勢力(アボット、Pチャン、こづ、ポンセロ・・)にどうにも押され気味で、もはや世代交代なのかなあ・・と思わされる展開も多かっただけに、この最後の大逆転には、おいらちょっと感涙。

まあPチャンの最近の発言が何かとフィギュア界で物議を醸し出していたこともあって、オレ的に、ライサやジュベには「真の漢を見せたれ!」などと思ってたりしたことも正直否定できないわけですが(笑) ←いや、Pチャンの滑りはホント素晴らしいと思います。ワールドでのSP、あの美しいスケーティング、これは1位だろうと点数出るまでは信じ込んでましたからね。

こづのSPも本当に美しかったですよね。あれでなんでSP5位かな・・。こづのPCSが低すぎるという指摘はシーズン序盤から海外でもずーーっと言われ続けてることですが、ワールドの点数に関しては、「(あれだけの素晴らしいスケーティングをもってしてもダメなら、)タカヒコはあと何をすれば、PCSを上げることができるんだ!?」と、海外スケオタの間でも意見噴出。テクニカルに関しては、ベースバリューを上げて、それに見合う演技ができれば点数も上がる訳ですが(いや、もちろんそれだって簡単に出来るわけないんですが・・)、PCSはある意味ジャッジ次第ですからね・・。
まあ、こづは今年一気に世界のトップ選手に駆け上がったと言える訳だし、来シーズンこそはきっとPCSも上がってくるに違いない。・・ええきっと(祈)。

殿は、今回のワールドは・・うーん。演技は素晴らしかったし4-3も決まって鳥肌ものでした。ただなぁ・・・コンボ違反3回目なんですよね。うーん。まあ去年の大輔くんも同じことやった訳ですけど、ただなあ。他国のトップスケーターで3回もやった人って、あまり聞いたことないんだよなあ(まあ居るとは思いますが・・)。
あまりに勿体無さ過ぎて、なんか逆に脱力。転倒したとかでなく、数え間違いというのが、なんとも切ないですよ。あの演技で最後の3-2-2がカウントされていれば、殿のジャンプならGOEも加点がもらえた可能性もあるし、もっと上位へ食い込めたのは間違いないと思うだけに、ああ・・ホントに勿体無いよう。くすん

さて。
女子のFSに関しては、朝からJスポのライブ中継を見てしまったので、フジの放送は結局見てませんが、とにかく今回は1にキムヨナ、2にキムヨナ、てな感じでしたね。もはや文句のつけようもない世界最高得点。女子で207点って・・。男子ですら200点超えを目標にしてる選手は数多くいるのに、女子で200点超え。FSは3Sがシングルになった以外、すべてパーフェクト。ジャンプのどれもがとにかく高く幅がある上に流れがあって、スピンも美しく、さらにあの驚異のスピード。

キムヨナ・・・まじパネエ。

今回、直前のあの騒動もあって、オレ的には正直どうしても応援する、というスタンスにはなりきれなかったですが、それでもあの演技には文句の付けようがないっす。いや、本当に脱帽です。

真央ちゃんは残念でしたねぇ。SPでは3-3で回転不足を取られたり、3Lzがダブルになったり、FSでは2度目の3Aで転倒したり・・。シニアに上がって、たぶん初めてコンペでの表彰台落ちとなったんだと思いますが、ただ、今回の経験は真央ちゃんにとって、来シーズンへの大きな布石になると思うし、絶対に次へつながる戦いだったと信じたいですね。

以前も書きましたが、今年は真央ちゃんにとって挑戦の1年であり、「3Aを1つのプログラムに2回」「そのうち1つは3Aからのコンボ」「ルッツの矯正」「ラストの45秒間ステップ」と、普通の選手にはどの1つでもそう簡単にできることではないものを、今年1年で全てやろうとしてたんですよねぇ。当然その分、エレメンツの習得だけでもやるべき課題が多く、アーティスティックな面がどうしても強化しづらかったと思うのですが、キムヨナ選手は、シニアに上がって以来、この3年間プログラムのエレメンツをほとんど変えていないので、とにかくジャンプ、スピン、ステップなどの1つ1つの美しさ、音楽性、芸術性に磨きをかけてきた結果が、このパーフェクトな演技につながってるように思うわけでございます。
どちらが良い悪いではなく、戦略の違いなのですが、オイラはタラソワ様に、真央ちゃんが今持っているエレメンツをパーフェクトに、さらにアーティスティックにこなせるよう強化していただき、バンクーバーでまた凄い戦いを見せて欲しいのう・・と素人ファンとして、期待しまくっているのでございます。ええ。

ああ、ミキティのことを書く時間がない・・。ミキティは本当に素晴らしかったっすね。滑り終えた後、おいらうるっときてしまいました。本当に山あり谷ありだけど、ああいう演技を見せてくれるから、やっぱり応援したくなっちゃうんだよなあ。(しみじみ)あとは、上体(というか腕?)の動きがもうちょっと滑らかなら、もう何も文句ないんですけども・・(笑)

そしてやっぱり思ったのは、この舞台にはやっぱり大輔くんが居ないと!!ですよ(笑)

殿もこづも無良くんもホント素晴らしかったし、ライサも勇名トラもPチャンもアボもコンテスティも好きだけど。オイラはやっぱり大輔くんが見たいよ~~ うぉおおお(遠吠え)

[PR]
by miyabin-k | 2009-03-30 01:49 | スポーツは観戦派


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧