帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年フィギュアスケート世界選手権(男子) 海外の反応とか

さきほどまで女子シングルのFP、ストリーミングで観賞してました。・・なんか凄まじいことになってますね。ジャッジ、いろんな意味で大丈夫なのか。まあとりあえず明日の地上波までは何がどうとは言いませんが。

さて、気を取り直して男子総括。

とにかく今回の世選、高橋選手の男子シングル世界王者に関しては文句なし。本当に、本当に素晴らしかったですね!

・・とはいえ、まあ一応?海外スケート掲示版、海外の記事サイト等、幾つかハシゴして、今回の結果に関する反応は、かーなり念を入れて確認しましたワタクシ(なぜそこまで・笑)。

ふは、ふはははは。しかし心配ご無用!

やはりというかさすがというか、高橋選手への最大級賛辞の雨あられ状態。
入れなくても勝てる力は十分あるにも関わらず、果敢に前人未到の大技4Fに挑戦し(両足で回転不足取られたけど)、更にそれ以外の全ての要素をほぼ完璧にこなした技術力、他の追随を許さない圧巻の表現力、カリスマ性に、基本辛口な海外スケヲタも五輪の時と同様、大絶賛しております。さらにユーロスポーツの実況・解説者はSP、FP共に大興奮実況だし、米NBCはFP終了後、放送時間延長してわざわざ表彰式までLIVE中継(表彰式に今回USA選手いないのに!)。君が代が流れる中、高橋選手を絶賛してたらしいです。ジョニ子もタラ・リピンスキーもFP見ながらのTV放送中、大ちゃんを最大級にベタボメし、ライサもTwitterで祝福コメントつぶやいてるし。もはやこっちが不安に駆られるほど(笑)世界中賛辞の嵐。いやホント幸せ過ぎて怖いわー。(お前誰だよ)

「true champion!」だけでなく、「he is total package」「whole package」(=全てを兼ね備えている、の意)、「amazing」「incredible」etc etc.. もはや列挙しきれないほど沢山の表現で褒め称えられていて、なんだかファンとしてだけでなく日本人としても誇らしひ(感涙) (まあこんなに書くとちょっと痛いファン状態ですが、いいじゃん。だって、未だかつて欧米人以外が優勝したことのない男子シングルで、ついに世界王者になった日本人選手を「今」褒め称えないでいつ褒めるんじゃ、てことです、お許しください。)

・・・なんだか賛辞コメ載せるブログみたいになってきた。いかん、演技のこと全然書いてなかったことに今気付いた。あは。

では改めまして (長いので最終Gのみですスンマセン)

ジェレミー・アボット選手:
アボ…この世選で全米の神演技再現を祈ってたのに、やっぱりSP同様少しナーバスになってましたかねえ。オルガン、曲調が暗すぎるとか結構あちこちで言われてたけど、アボの優雅な滑りには合ってるし、本当に大好きなプロなのに…。ただ冒頭のクワドでこけたにもかかわらず、その後のまとめ方はそう悪くなかったと思います。SP共々、もっと点数出ても良かった気がしたけど、でもひと月前の五輪を思えば、1ヶ月でかなり復調しましたよね。Twitterで四六時中つぶやいてるんで、時々「こら競技に集中しろ」とかも思うけど(笑)あのキャラは憎めないわ・・

小塚祟彦選手:
今季世選で最大の誤算Part2ですねえ(Part1は殿…よよよ。号泣)切なすぎる。こづ、4T転倒だけでなく3Aが2回とも抜けちゃったのが本当に痛かった。点は低くなるだろうなあと思ってましたけど130点台とは…。09’GPFの高橋選手のFPと同じ位の衝撃でしたよ。まあ今回点数が伸びないのは仕方ないけど、やっぱり五輪でいったんMAXまで上げきったモチベを、その一ヶ月後に再度上げるのって本当に大変なんでしょうね。クワド失敗で一度切れた集中力を取り戻せなかったのかなあ。まあ今回おそらくこづは、自分の点数のこともありますが、それ以上に、後に滑る高橋選手に来季東京ワールドの日本の枠取りのプレッシャーをかけたことを心配してたんじゃないでしょうか。高橋選手の演技後、どちらかと言うと、自分のことで落ち込むよりむしろホッとした顔に思えたので・・・。
 ※ちなみに、ワールドの国別出場選手の枠は、その前年度のワールド結果で決まります。同国選手2名の順位を足して13位以内なら3枠。(今回の結果により次年度ワールドは、日本、USA、カナダが3枠獲得)

ブライアン・ジュベール選手:
宣言通りFPクワド2回だよー!やり遂げたよ、ジュベ凄い!ホレたぜ。ホント素晴らしい復活劇でした。まあFPは途中からスピン、ステップでレベルをかなりとりこぼしたのが残念でしたが、SPの方は、2つ目のステップシークエンス直前、あのツルっぱげ(すまぬ)コーチとの「オレ今日凄いだろ!」「ああ最高だ!ジュベ」的な(←オレ妄想)双方のアイコンタクトとリアクションが、ホント見てて楽しかったなあ。(コーチ跳び跳ねてましたな)
何と言っても仏スケ連は、既に派遣が決定していたにも関わらず、五輪後になって急に、ジュベを世選に出すかどうか「テストスケートして良かったら出す」と鬼のようなコトを言いだしてたみたいだし、この1ヶ月というもの限界説や引退説、更にバッシングと、仏国内でのジュベは相当辛い立場だったようです。世選での銅メダルは、それらの噂や限界説を一掃し、ジュベがいまだトップアスリートであることを証明しましたからね。本当良かった。まだまだジュベがいなきゃつまらないし、ジュベのクワド見たいですからねえ。

パトリック・チャン選手:
昨季はケガで国際大会欠場が多かったし、母国開催の五輪でもPチャンの点数と順位に様々な論議があったので、今回どうなるかなーと思ってましたが、最終的に銀メダル獲得。19歳のPチャン、これで世選の銀メダル2つ目なんですよね。老け顔とか40歳とかヲタには散々言われてますが(笑)、40代で(違う)この成績はやっぱ凄い。ただ、今回またしてもFP160点という高得点が、かなりの物議を醸しております。なんだろう。PチャンのTRやステップが素晴らしいのは十分に!分かるんですが、曲の理解あたり他選手よりそんなに突き抜けてますかねえ。(今回PCSはオール8点台)こないだJスポ解説の杉爺(元ISU国際審判員)が言ってましたが「一般の選手はPCS=4点台で普通。5~6点台で充分素晴らしい。7点台は本当に素晴らしいし まして8点台なんて本当にちょっとあり得ないほど素晴らしい」そうです(うろ覚えですが)。例えば小塚選手のあの素晴らしい五輪FP、PCS=74.20ですが、Pチャンは、精彩を欠いたあのFPでPCS=82.00と8点近い大差なんですよね。なんだか、観客や視聴者の印象とPCSの乖離の極端な例のような気が…。まあPチャンのオレ様発言の数々が、更にその気持ちに拍車をかけてるのかもですが(・・だったらスマンPチャン・笑)。

ミハル・ブレジナ選手:
ミハルは凄かったですねえ。本当にチェコのエースになっちまいましたねミハル。度胸の良さパネエ。トラ先輩にもその鋼鉄の心臓を少し移植してくれ。そうそうトラ先輩と言えば、世選の前ミハルは「仲の良いトマシュのためにもチェコの枠取りを頑張る」と言ってたそうっすよ。くーー!泣ける話や。・・つかトラ、後輩にこんなに気遣われて・・(涙)
 りっぽん同様、間違いなく新世代のエースですね。まだ二人とも顔が派手な以外は演技に華を感じない(笑)けども、これからガンガン上へ上がってきますね。特にりっぽん、以前は全く思ったことなかったんですが、表現の仕方が誰かに似てるんだよなあ…と昨日FP見ながらつらつら考えていて「そうだヨナに似てんだ!」と。考えてみればコーチも同じオーサーだし、3A安定してきてからのPCSの凄い点の出方を見るにつけ、これは順調に伸びれば男版ヨナになるかも…と密かに思ったり。(佐藤信夫コーチ大好きですが、こづも一度海外武者修行ということでオーサー辺りについたらダメかなあ…。→で、2年位で日本に戻る、と)
 
おっと、ミハル全然関係ない話になってしまった。

高橋大輔選手:
今季最後のLa strada。ああ寂しひ、という感想は置いておいて。
冒頭の4F、両足だったけど一瞬回転足りてる?とか思いましたが、スローで見ればちょっと足りてませんでしたねぇ。まあでも4Fのが4Tやった時より回転速度が早いように見えたのは気のせいでしょうか。なんか今の高橋選手なら4T成功より4F成功のが早いんじゃ…とか嬉しさのあまり無責任にコソっと呟いてみるオレ(笑)。その他の要素は全てワンダホー!スーペリア!五輪に続いて3Lo綺麗で感激したし、3A 、ほんとにゴージャスなこと!特に2つ目の3Aは、入りの滑らかさとふんわり着氷が本当に凄い。そりゃ加点もつくわなー。3-3コンボではセカンドの着氷がつまり、3Lzでアテンションついたのが残念でしたが、3つのスピンと2つのステップは全てレベル4というパーフェクトさ。これに文句付けられる人間は地上に存在しない、と今だけは言い切りたい(笑・すいません浮かれてて・・)。

FPラストでは、パラヴェーラの観客だけでなくISUの大会役員がスタオベしていたそうですぞ。いやすげーな本当。

今回のワールド、「金にふさわしい人が金を取った」という表現をあちこちの海外掲示板で見ましたが、本当にそうだと思います。先ほどyoutubeで見た試合後のプレカンでは、「なぜ4回転に挑戦し続けるのか?」という記者からの質問に対し、「ケガ前は、1つのプログラムに2回の4回転を入れることもできていた。自分はそのジャンプを取り戻したいから跳び続けているだけ」と高橋選手は答えてました。五輪の金メダルがかかった場面でも、ワールド金がかかった今回も、クワドへの全くブレない潔ぎよさには、ホントに頭が下がります。

ちなみに、過去「4回転サイボーグ」だのとテレ朝に勝手に名づけられてたジュベは、同じプレカンで「大輔がクワドフリップに挑戦した今、あなたも4フリップ挑戦?」と記者に聞かれ、「俺のフリップじゃ、ロングエッジでマイナス取られるから4Fやる意味ないよ。やるなら4ルッツかな・・」と言って周囲を見てニヤリ。会見場は笑いに包まれておりました。

あはは。和やかでイイっすね。なんつーか、血も凍りそうだった五輪時のプレカンや、08イエテボリのプレカンとは大違いです。高橋選手は五輪でもトリノでも、あくまでも自分の信念のために、失敗覚悟で4を跳んだのであって、けしてジュベやプルのためではなかったのだと思いますが、期せずしてそれがジュベやプル、さらにフィギュアファン達・関係者の中における「takahashi」という選手への評価を上げたのは間違いないと思います。いやはや、怪我の功名というか無欲の勝利というか、いろいろやっぱり凄い(笑)

とにかく、今回は高橋選手のおかげでファン冥利に尽きる素晴らしい2日間を過ごさせてもらえたことに、ただただ感謝です。

高橋選手、2010ワールドチャンピオン本当におめでとう~!! 
[PR]
by miyabin-k | 2010-03-28 04:45 | スポーツは観戦派

高橋大輔選手 フィギュアスケート世界選手権優勝!

高橋大輔選手、世界選手権優勝おめでとう!!!
本当に本当に、とてつもないことをやってのけちゃいましたね。
…はあ。ファンにとってこんなに嬉しいことってそうはないという、本当に特別な瞬間を体験させてもらえたことをひたすら感謝したい気持ちでいっぱいです。
五輪の銅メダルは、もちろん素晴らしい瞬間でしたが、世界選手権でのこの金メダルは、まさに誰にも文句を言わせない世界王者の誕生という意味でも、本当に素晴らしいものでした。

演技が終わった瞬間、もう金メダルは確信してましたが、始まる前まではいろいろなことをゴチャゴチャと考えてしまっていたので、そういうことすべてが杞憂に終わったことが、むしろ爽快感、という感じで一人TV前でニヤニヤしてしまってました(気持ち悪い・笑)

とりあえず細かいことは近日中に別途UPということで、今日はひたすら世界選手権での欧米人以外で初! となる、価値ある金メダルに酔いしれたいと思います。ハイ。

そして、そんなオイラはこのブログを書きつつ、女子SPのLIVEをストリーミングで見ているのでした。(明日フジの放送を見ようとしている人もいると思うので、結果は書きませんが・・) 

とにかく高橋選手、初のワールド金メダルおめでと~!!!!
[PR]
by miyabin-k | 2010-03-27 00:22 | スポーツは観戦派

フィギュアスケート世界Jr.選手権、羽生選手、村上選手優勝!

PCまだ直らないんで、携帯から更新…orz

…なんて、そんな私事はともかく、羽生くん、佳菜子ちゃん、世界Jr.アベック優勝おめでとう〜!

ウチのPCメビ子が壊れてネットできないわ、Jr.はさすがにシニア程は情報入らないわで、この数日、おいら気が気じゃなかったよ〜。今年は絶対男女シングルとも、Jr.で頂点取れる年だと思ってたんで、めっちゃ気がかりだったんだよう。

はぁ、しかしマジ凄いことです。男子は高橋織田小塚に続いて羽生選手が4人目、村上選手も真央ちゃんの後5年ぶり?Jr.制覇ですかね。ソチに向けてまた楽しみな日本人選手が男女とも出てきてくれて、国内の争いも更に激化しますね。来年シニアに上がるんでしょうかね?2人とも。もし上がらなくても、現シニアのトップ選手達も下の世代の頑張りで一層気合いが入るだろうし、はぁぁ。また更に目が離せないよ〜wktk

とにかく、羽生選手、村上選手、世界Jr.優勝おめでと〜!今日深夜のダイジェスト放送楽しみじゃ。(男子はどうかナン・ソン君も放送してくれますように…ナムナム)
[PR]
by miyabin-k | 2010-03-14 12:09 | スポーツは観戦派

フィギュア男子の「4回転論争」を見ていて思うこと

えー。突然ですが、うちのPCメビ子が先週、昇天なさいました・・(崩れ落ち)

PCに詳しい友人に色々助けを求めたりもしたんですが、とりあえず自力復旧はほぼ無理だと判明。
近日中に修理の旅へと出す予定ですが、とりあえずブログにUPしようと思って書いてあったものがUSBに残っていたので、それだけは上げときます。(今は、友人のPCを使わせてもらっている・・ 涙)


さてバンクーバー五輪も閉幕し、全種目でメダリストが確定しました。

しかしフィギュア界は、終わった直後から、エライことになってますねえ・・。(ようやく多少下火になったといえばなりましたが)

4回転を入れずに金を取ったライサチェク、入れて銀だったプルシェンコ、それぞれが各々の言い分を主張し、それが次第に周囲を巻き込んでの大論争。プルが、「クワドを跳ばないならそれは男子フィギュアでない。アイスダンスだ」と言えば、ライサも「クワドはフィギュアスケーティングの単なる要素の1つで、フィギュアのプログラムはそれだけで競うものではない」とか会見開いてるし・・。

確かにクワドを跳んだからと言って、今回のプルの不安定なFP演技で金が取れたかと言えば疑問ですが、4跳ばないライサ(・・ほぼ完璧に滑りきったのは素晴らしかった!)が金を取ったことに、不満を持つ人がいるのも分からないでもないです。正直、今回ライサのFPは、「クリーンだったなー」てことしか印象に残ってない・・・。09ワールド金の時のラプソディーインブルーは、全身から滲み出る気迫、根性降りの3A、天を突くガッツスピンとか結構細部まで覚えているのに、つい1週間前のライサFP演技の記憶が既にほとんどないってどんだけ・・・。(ごめんライサ) とりあえず私は、男子にはクワドを跳んでほしい派ですが、とは言え、もしも今回の五輪で「ジャンプ着氷乱れまくりでTR微妙。でもやっぱクワドを入れたからプル金!」という結果だったら、それはそれで「えええ!?」となっただろうと思うし。

だいたいこの騒動、元はと言えばフィギュアスケートにクワドが必要かという議論と、4回転と3回転の点の出方についての議論がごっちゃにされてるような気がするんですよね。だからいっそうおかしなことになっているのであって、4回転の意義と採点方法の問題とは、別に考えない限り、両者の言い分は永遠に平行線だろうなあ・・。

単なるスケヲタ一個人の意見としては、男子のクワドは現在試合で跳べる人が限られている大技で、しかも失敗した時の身体へのダメージは他のジャンプに比べても極端に大きい、非常にリスキーな技にも関わらず、成功しても基礎点が低い・・・と思いますやっぱり。何も、ロシアのようにクワドボーナスで+3付けろとまでは言いませんが、0.5~1点くらいは上げても良いんじゃないかなぁ。(参考:現行では3Lz=6.0点、3A=8・2点、4T=9.8点)

男子に限って言えば、3Aは高難度ジャンプとはいえ、現在、世界トップレベルの選手にとってはほぼ必須に近いエレメンツ。 それに比べ、4回転は試合でコンスタントに成功できる選手が数名しかいないジャンプになってしまってます(練習で跳んだものは別として)。その割に、4Tと3Aとの差は1.6点、3Lzとの差は3.8点。現行ルールでは、例えば4Tを跳んでも、着氷が乱れてGOE-1が付いた場合、美しい3LzでGOE+1.8くらい付けば、実質1点差になるんですよね(3Aなら逆転)。多くの選手にとって、3Lzに挑戦するプロと4Tに挑戦するプロでは、試合前のメンタル面、試合中の体力配分に雲泥の差がある上、さらにクワドを転倒などで失敗、そこに回転不足の認定がなされてしまえば、それだけで一気に9点近く失ってしまう諸刃の剣なのです。(例えば今回高橋選手のFP冒頭のクワド得点は、DGにより3回転認定(基礎点4.0)された上、失敗ジャンプとしてGOEがそこから-3引かれ計1点。さらに転倒によるディダクション-1が別について実質0点)。このような多大なリスクを背負って、なおクワドに挑戦するほどの旨みは、現行ルールでは選手にとってほとんどありません。つまり今のクワドは、「挑戦しない方が得」なジャンプになりつつあるのです。・・もちろん挑戦し続けている選手も居るんですけども。

02年ソルトレーク五輪で4位だった本田武史選手(SPとFPでクワド入れていた)が、03年四大陸で、日本人として初めて国際大会でFPに3回クワドを入れ成功させた、あの空中戦の時代を思うとちょっと隔世の感があります(1つのプロに3回クワドを入れ成功させた選手は今でも世界で4人だけ)。 まさかテケも、たった7年後、五輪でクワドレスの金メダリストが現れるとは思わなかったろうなあ。もちろん、ジャンプ以外の要素が当時と比べいっそう複雑なものが求められるようになっている以上、その辺りのバランスを取るのは非常に難しいし、4回転や3Aは常に怪我の危険とも隣り合わせ。実際、ソルトレーク五輪時代のトップスケーター(プル、ヤグ、本田etc・・)達は、膝・腰・関節その他、身体中がもうボロボロなんですよね・・。3回転時代のスケーター達が、30代後半、40代になってもショーなどで往年の華麗なスケーティングを見せてくれるのに比べ、4回転時代のスケータ-達は、まだまだ若いにも関わらず、もはや満身創痍。(プルが、今回の五輪の公開練習時間を極端に短くしたり、4回転をFPに2回入れなかったのは、体が実はもう限界だったから、という説も一部にはある・・)

こうなったら、無理だとは分かっていても、いっそ全員同じエレメンツで競えば?と思ってしまう時があります。例えば、転ぼうがどうしようが全員4回転一度は必須とか、逆に4回転は全員禁止、とか。(←無茶だけど) もちろん実際に全員4回転必須とかになったら、第1、第2グループ辺りは、阿鼻叫喚(シュルタイスのプロに非ず)の渦になりそうで、それはそれで怖いもの見たさもちょっとあるけど(笑)。

まあ、ここでどんなにゴチャゴチャ書いたところでルールが変わる訳でも、現状が変わる訳でもないのは重々承知しているんですが、ファンとしては、クワドに挑戦し続ける選手のモチベーションを下げることだけはして欲しくないなあ。

 やっぱり、成功!というだけで見てる方のボルテージも一気に上がる4回転という大技。ISUは、このジャンプに挑戦する選手の努力を無意味なものだけにはして欲しくないです・・いやホント。
[PR]
by miyabin-k | 2010-03-03 18:54 | スポーツは観戦派


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧