帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ネーベルホルン杯とかフェルナンデス選手のマンボSPとか

まずは町田選手、ネーベルホルン優勝おめでとーー!!

ようやくSP、FSの動画を見られたので、さっそく堪能いたしました。
SP「黒い瞳」: おおぅ良いプロですねコレ。町田選手の滑りに良く合ってて、緩急のある良いプロでございました。みやけんコリオが素晴らしいだけでなく、ジャンプ(3A、3F-3T、3Lz)も綺麗に決まってたし、ラストのステップで一瞬転びかけたのは、まぁご愛敬(笑)なんたって初戦ですからね。これからどんどん良くなっていく感じがヒシヒシですよ。ブラボー!!

FP「Legends of the Fall」(ブラピ映画の音楽): FP通してジャンプ着氷が乱れたものの転倒はなし。素晴らしい!! ただちょっとスピンのスピードと全体的な緩急のつけどころがまだ微妙というか…。欲を言えば、後半盛り上がりがもうちょっと欲しいかな…とか思いつつ見ておりました。とは言え、この時期にこの完成度は本当に凄いですよね。町田選手は4CCの銀メダル以降、与えられたチャンスを着実にモノにしているし、GPSでも本当表彰台狙って欲しいなあ。今年は世界に顔を売る年ですからね。目指せPCS高値安定!

今回ネーベルの大本命だったミハルは、プロトコルを見る限りだと、クワドを入れようとしてダブったりとちょっと安定感に欠いてしまったようですが、まあこの人の鋼鉄の心臓はこんなもんじゃビクともしないと思っているので(笑)、おそらくGPSには調子を合わせてくるんじゃないかと思っております。ううう、JO、COC楽しみじゃー


さて、オイラの中のFOIの熱狂がようやくおさまってきたかと思えば、今度はTVで立て続けにFOI祭りですよ。「Going特別版・FOI特集」と、日テレプラスでの「FOI(第一部)」放送。

ただしウチは、マンション全体でケーブルTVに入っていて、そのケーブルTVのチャンネルでは、日テレプラスが選べなひ(ひどいよイッ●コム…)。←崩れ落ちてます。 

うううぅ。
…という訳で、まあどうあがいても日テレプラスは見られないので「Going特別版」の方だけ録画しました。でも北海道合宿の様子(BBQシーンは…笑)やメンズナンバーの舞台裏も見られたし。特に、高橋選手とシェイリンの振りうつし作業の部分には涎出そうでしたぜ。シェイリンの足元、す、素敵すぎるううぅ…。あとはライサ鳥(略すな)もしっかり見られましたしね。うむ、日テレGJだ。

スケート映像としては、内容が密着ドキュメント系だったせいかカメラワークがイマイチだったのが残念でしたが(オマエ何様)、まあ週末はもうJOとCOIですし、N杯も間近ですもんね。こんな良い特番を放送してくれただけで、御の字のでございます。ありがとうありがとう日テレ。(真剣)

さて、だんだん海外選手のプロ動向も出てくる時期ですが、まずレピスト選手が怪我という情報。8月位から怪我をしているけど、本人はJOに出る気満々という話を海外掲示板などで見ていたので、心配はしつつも、でもそんなにヒドイ怪我ではないのかなぁと思っていたのですが、ここに来て、フィンランドのニュースではJOは辞退という話が上がっているようです。まあフィン語読めないんで、真偽のほどはまだ不明なんですけども。ちょっと心配。本当に辞退ならJOは残念ですけど、とにかく早く治してGPSに間に合うといいなぁ…。
(そうそう、ミハルも怪我って噂がありますが、こちらは本人がネーベルで「JO行くよ」と言っていたらしいし…。それを信じたい)

もひとつ、今日見て思わず「おおお!」と笑ってしまったのが、今季のハピエル・フェルナンデス選手のSP。

なんとマンボ! 特にプロ前半、高橋選手と完全に音楽まるかぶりです(笑)いや、もちろん有名曲だし、かぶっても全然おかしくはないのですが、ハピエル君と言えばコリオはモロゾフですからね(去年のパイレーツオブカリビアン好きだった)。元夫婦で同じ選曲ですか。おお凄い偶然。

ちなみにハピエル君のSP何気なく見始めたら、出だしのあまりのインパクトに飲んでたカフェオレ噴きそうになりました。曲は同じでも、振付が違えば印象変わるもんですねえ。面白いなあ。(ヴッ!は無かった)
SP後半は全く違う曲になるんですが、ハピエル君も踊れるスケーターだけあって、ホント楽しいプロでした。比較対象が濃すぎるせいかもしれませんが(すまん大ちゃん・笑)、むしろ爽やか?というか若さ溢れるというか(…ただし繰り返すが、出だしの部分を除く)。

いやーハピエル君、今回N杯来てほしかったなぁ。マンボ祭り見たかったぜい…
[PR]
by miyabin-k | 2010-09-27 23:30 | スポーツは観戦派

カンクン メキシコリゾート滞在記

いやぁ、ホントにリゾートそのものを満喫してきました。

ハワイもグアムもバリもプーケットも、そこにはそこの良さがありますしオイラはどこも大好きなんですが、カンクンはそのどことも違う感じというか。今まで行ったことのあるリゾートの中で日本人観光客が最も少なく、英語しか通じない(いや、スペイン語喋れないもんで…)という意味で、やはり「欧米人用のリゾート地」という感じでしょうか。

出発当日は朝の9時半成田集合のため、渋谷8時過ぎ発の成田EXで出発というなかなかの強行軍。ちなみに今回の旅の相方はTちゃんではなく、常にクールな友人Aちゃん。彼女はオイラ以上に英語ができるので、旅自体に何一つ不安はないのですが、オイラ同様、かなりマイペース(いやその点はTちゃんも負けてないが・笑)なので、一昨年一緒にハワイに行こうという話になった時、「マイル貯めたいから飛行機AN●にしてよー」というAちゃんに、オイラが「えーそんなん言い出したら私J●Lなんだけど」と返した所、あっさり「じゃあ別々に行く?現地集合でええやん」「・・・は!?」「だからハワイに現地集合、現地解散で」「・・・一緒にハワイ行こうっつー二人が、別便で行くの?」「え、だって別に行き帰り位一緒じゃなくても良くない?」「・・・それもそうか」

という訳で、本当に往復とも別便で行って帰ったと言う。(友人に話したら、「信じられんー」と皆に爆笑された。笑)

そんなマイペースなAちゃんとオイラの旅はAA(アメリカンエアライン)でまず12時間のダラスへの旅を経て、ダラスで2時間のトランジット。その後メキシコ・カンクンまでさらに2時間半というかなりの長時間の飛行機旅。

現地時間の14時頃、到着した時には二人とも時差ボケもあって既にヘロヘロだった訳ですが、「うおー凄い湿気と暑さ、日本と変わらないじゃん」「ホント、直射だから確実に35℃位はあるね、しかも太陽が眩しい…」「ドバイの50℃よりはマシだけど…」などと、普段アウトドアと全く縁のないオイラもAちゃんも軽く引き気味。(笑)
「カンクンは、日本より紫外線の量が4~5倍と言われていますので、日焼け対策は万全でお願いしますね」と現地で迎えてくれたガイドさんに言われるまでもなく、オイラもAちゃんも「リゾートに来たからって、焼く気はない」という固い決意に満ち溢れているので(←カンクンにいったい何しに来たコイツら)既に機内で日焼け止めも塗って、対策はバッチリです。

d0046693_2322577.jpgまあとりあえず、今回Aちゃんの一つ目の希望「海が見える戸外でのエステ」をさっそく予約し、我々の宿泊する「Cancun Caribe Park Royal Hotel」へのチェックイン後、ざっとシャワーだけ浴びてから、慌ててタクシーで「ME by MERIA」(とかって名前だったとオモ)というデザイナーズホテルへ乗りつけます。

時間ほぼピッタリに到着した我々に、SPAの受付女性が簡単な問診票(体調チェック)を渡し、それを書き終わった後、清潔でオシャレなロッカールームでバスローブ姿に着替えれば、各自担当のエステティシャン2名に、あっという間にホテルのプールサイドへ連れ出されます。そうして3分ほどテクテク歩いてプールサイドを抜け、ちょっと高台にしつらえてある、完全吹き抜けの南国風な屋根の下へ辿り着くと、とても綺麗な白いベッドが4つほど並んでいて、「Here!」とエステお姉さん。

う、うわーーー青い海、白い砂。吹き抜けるさわやかな潮風。(上の写真は私のデジカメ撮影)

 
海 が ! 目 の 前 で す け ど ! 


ちょっと何。このシチュエーション。
楽し過ぎる・・・

有頂天のオイラとAちゃんがベッドに横たわると、さっそくガウンをちょっとずつずらしながら(一応、戸外ですからね)全身をくまなくオイルマッサージ開始。
時差ボケのせいもあるのですが、本当に素晴らしく上手だったので、20分位経つ頃には、すっかりうつらうつらと夢心地。
終了後に「私ちょっと寝ちゃった。超気持ち良すぎて起きてられなかったよ」とAちゃんに言えば、「私も。もう完全に落ちたよ。また波の音がザザーッてずっと一定のリズムで聞こえてくるのがね、たまらんね」「ホント。あれは癒された。気温的にも夕方だからか、全然暑くないしパーフェクトだったね」「初日から最高だったね」
などと、二人して大満足。

実は、AA機内は成田-ダラス、ダラス-カンクンともにあり得ない程に空調が寒く、どんな飛行機でも機内が寒いのは当然分かっていてさえ、「これ、ちょっと軽く冬眠しそうな勢いなんですけど」「AAは乗客を凍えさせて何のメリットがあるんだろう」「眠らせて、クレーム処理の数を減らすためじゃね」「そうかもしれん」などと、二人して真剣に機内討論を始めかけたほど身体の節々が痛くなっていたのですが、このマッサージのおかげで、本当に身体の凍えと痛みが消えたので、「カンクン、最高~」とあっさり喜びつつ、初日を終えるチョロイ二人組だったのでした(笑)

ちなみに2日目、一切肌を焼く気のない我々は「昼間泳ぐなんて欧米人のやることだ」「そうだそうに違いない」(←なにこの人達)と意見の一致をみたので(まあ欧米人は基本的に日焼け大好きだから…)、カンクンのホテル街からちょっと離れたセントロ地区のショッピングモール、さらにホテル街に戻って、少しだけブランドショップが入っているククルカンプラザ、さらに近くのラ・イスラ ショッピングビレッジでお買物。

正直言って、カンクンのショッピングモールには買いたいブランドも特に無かったので、今回二人ともほとんど買物はせず。(一応あった幾つかのブランドショップの中で、Aちゃんが欲しがってたヴィトンのレオパードの新色スカーフは店に無かったので、Aちゃんは昨シーズンのレオパードを購入。オイラはかねてより探してたTom Fordのサングラスを発見したので、縁がブラウンのものとダークグリーンのもので悩んだ後、最終的には珍しくて可愛いということでダークグリーンのサングラスを購入。Tom Ford、日本でセールしないからね…。)

ブランドものと言えるもので今回二人が買ったのは結局これ位でした。よく考えたらせっかく円高だったのにちょっと残念だったかも…。

そんなこんなの買物の後、夕方ホテルに戻ってから一応水着に(!)着替えてプールサイドへ。天蓋のついたベッドに二人で寝っ転がって、カクテル飲みながら夕暮れの海をしみじみ眺めてました。(いや、別に二人とも哀しいことがあった訳では・・・)

そして、水着なのにやっぱり泳がない二人(笑)


…しかしこう書いてると、オレらリゾート地に本当に何しにいったんだろう…。 てへ
[PR]
by miyabin-k | 2010-09-19 23:33 | 旅ゆけば~

FOI(フレンズオンアイス)2010見てきた!感想(3)

さて、ようやくFOI最終回どす。

一週間かけて(しかも3回に分けてまで)ようやく書きあげるというこの引っ張りっぷり。(いや、単に長すぎて1回にまとめられなかっただけですけども)

こんな長文を毎度読んで下さる皆様に感謝しつつ、しかし来てくださってる皆様は、いったい全体、本当に全文読んでるのかとちょっと思ったり…(いや、飛ばし飛ばしでええんですけどね、全然)(笑)

さらにFOI関係ないけど、ついに真央ちゃんの新コーチ決定という吉報に大興奮!!
ぃやったー、佐藤信夫コーチ!!嬉しいよう。佐藤コーチがメインというのは、ホント真央ちゃんにとって環境的にも精神的にも一番良いと思うので、本当に本当に嬉しいよう。体調不安などもあり、一時は辞退してるという噂なども出てましたが(真偽のほどは不明やが)、引き受けて下さったんですねえ。うう、良かった。これで真央ちゃんも安心してGPSに臨めそうですしね。はああ、今週一番嬉しいニュースだぜ。


…さて、感激に咽んだところで、FOI続きに戻りまっす。

またしても果てしなく長いですよ。心してどぞー。↓
[PR]
by miyabin-k | 2010-09-07 22:44 | スポーツは観戦派

FOI(フレンズオンアイス)2010 見てきた!(2)

ちょっと間が空きました。すんません。早く書かないとバリバリ忘れていく自分が怖いぜ。ふ。
ガラスのメモメモリーは伊達じゃない(威張らない)。

では、続きいきまーっす。

Ⅰ部終了後引き続き、恒例抽選会
火の鳥演技の後、ライサが「アリガトゴザイマス!(←ココだけ日本語)バンクーバーでは、皆さんの応援のおかけで金メダルを取ることができ素晴らしいシーズンでした。日本のファンの応援にいつも感謝してマス。今年もFOIへ参加できて嬉しいです。この後のショーも楽しんで下さ~い!(←オレ意訳)」という基本ほぼ毎公演同じ挨拶をし(千秋楽は少しアレンジしてましたが大意は同じ)、会場中から拍手喝采を浴びると、静香ねーさんがマイクを持って氷上へ。
「Congratulations! 」の言葉と花束贈呈式の後、ねーさんだけが氷上へ残り、「では恒例の抽選会にまいります。お手伝いいただくのは、今年は鈴木明子選手と小塚崇彦選手!お願いしまーす!」と二人を呼び込み。
 抽選方法は、入場時に切り取られたチケット半券がそのままクジとして箱に入っており、それをあっこちゃん、こづが交互にひいていく、という毎年恒例のスタイル。
賞品は、1)S●NDISKのフラッシュメモリーほか、2)弐萬円●の眼鏡女子スケーター(←静香様)ポスター本人サイン付、3)P●MAのTシャツ(FOIメンバー手書きサインプリント入り)、4)ゆ●パックポスター本人(眉間に皺のマンボの人)サイン付、だったようです全公演。
 弐萬円堂の静香様ポスターについては、土曜昼は、ねーさん曰く「よかったらトイレにでも貼ってください」で場内爆笑。ゆう●ックポスターについては、「なんでこんなに険しい顔してるの?て大ちゃんに聞いたんですよ。そしたら『めっちゃ暑かったんです』て言ってましたね」とのプチ情報。ちなみにこのゆうパッ●ポスターを披露する際、こづとあっこちゃんは毎回、高橋選手が両手を広げ上を向いてるあのポーズを、やたら楽しそーに真似ていて、その度に場内の笑いをとってました。

千秋楽では、上記賞品にプラス 5)五輪公式フォトブックにFOI参加の五輪メンバー全員がサインを書いたという超羨ましい1冊、6)P●MAのTシャツ用にボードプリントした全員の手書きサイン(但し落書きレベルすぎるため没になったという代物・笑)が加えられており、さらにお宝度満点でした。(もちろんオレは当たらなかったさ・・・くっすん) ボードが賞品として出てきた時、ねーさんは「えええっ、コレ当然私がもらえると思ってたんですけど…」とふつーに衝撃受けてて、妙におかしかったです。(レアものだから、ねーさんも欲しかったんだねきっと・笑)

しかし、今回の抽選会で一番凄かったのは、実はここから。なんとⅡ部でこづが滑るプログラム(今季のSP、FP、EX)を、この場で観客がくじをひいて決めちゃおうという、もの凄い抽選。ひえーっこづ、毎回FP当たったらどうすんだよ、と思いつつオイラも観客も大喜び。←皆、軽く鬼。

土曜昼と夜は、こづバナーを持っている観客へ、こづが箱(中にSP、FP、EXと書かれた紙入りカプセルが入っていたらしい)を持って近づき、観客がその場でひいて、中に書かれているモノ(土曜昼・夜は両方SPだった)を滑ったのですが、千秋楽、こづはたぶん観客全員での多数決にしようとしてたんだと思うのですが、静香ねーさんが「ファンの方に決めてもらいましょうか」と言うと、何故か突如スケーター出入口からハイハイハイ!と大声で手を挙げる数名の男女の姿(笑)。ねーさんが「小塚選手のファンの方ですかー?」と声をかけると全員「ハーイ!!!!」とやたら良い返事。 
 よく見ればその男女、ヤマト、テケ、大ちゃん、ミキティ、有香さん、そして何故かクーリック(笑)まで。全員で「フリー!」「フリー!」「フリー!」とFP要求。「ファンの方がフリーって言ってますよ」とねーさんのにこやかなコメントに、「いや、あの今日午前の部もフリー滑ったんでちょっと…」とこづは抵抗しかけてましたが、大ちゃんに何やら入れ知恵されていたミキティが「タカちゃん大好きっ!」と叫んで全員でワーっと脱兎の如くその場を逃げ去っていくと、もはやFPをやるしかない雰囲気に。…オマエら言い逃げか~い!(笑)と、見ていた観客大爆笑。

…という訳で、諸先輩方の圧力についに屈し、こづ本日2回目のFPを滑ることに。ねーさんに「どうですか?小塚選手、今日2回目のFPですけど」と聞かれたこづ、「アイスショーというより公開合宿みたい…」とガックリしてました。こづ可哀そう。←棒読み
…だってオレSP2回見たから、FP見たかったんだもん。(だもん、じゃない)

しかしクーリック…訳も分からずお祭り騒ぎに巻き込まれてる感アリアリでしたけど、めっちゃ楽しそうなのがまたやたらおかしかった(笑)良かったよかった。

<ここでザンボタイム20分>


第Ⅱ部オープニング
開演を告げるゴーンという鐘の音の後、ヒップホップ(曲名わからん)と共に黒Tシャツ(PUMAらしい)+腰パン気味に履いたジーンズ+黒いアームバンド(これもP●MAかな?)のこづ、テケ、大ちゃん(彼だけ丈の短い黒ベストをさらに重ね着。←これ最近良く着てますな)の3人がリンクで激しく踊り始めます。うぉ恰好イイ。やっぱり個性が出ますね皆。同じ服で同じようにヒップホップ踊っていても、誰が誰だかすぐ分かるなあ。めっちゃ良かった。次にR&Bで滑るのがヤマト、クーリック、ライサの3人。こちらは黒一色のシンプルTシャツ+ジーンズですが、3人とも背が高いのでこれまたバランス取れてて イ イ!! ラストはヒップホップ3人vs R&B3人の、ちょっとウェストサイドストーリー的な絡みと共に6人でヒップホップをガッツリ踊りまくり、という究極の男祭り。うっほ!これは素敵すぎるじゃないですかー。んもースケヲタの心を鷲掴みにするグループナンバーっすね(笑)ええもん見た。

 終わった後、静香ねーさん登場。5人が退場し高橋選手だけが残ると、ねーさんからこのグループナンバーを高橋選手がプロデュースするに至った経緯の説明&氷上インタビュー。
「グループナンバーを1つプロデュースしてみない?」という静香様からの誘いに、快諾したという高橋選手は「ダンサーの友人に振付てもらったけど、やはり陸上と氷上ではだいぶ違うのでそこの兼ね合いが難しかった」「複雑な振りで、リハの時間も少なかったのに皆文句1つ言わずやってくれた。ライサはリハ1日しか無かったのに頑張ってくれたし、小塚選手はホテルで夜中まで練習してくれて感謝してます」、それに対しねーさんは「いつヘルプを言ってくるかと思ってたけど、1度もそういうことはなく、1人でパッパッと決め全部仕切っているのを見て、こういう才能もあるんだと感心しました」さらに「今後アマチュアを引退するときが来たら、高橋大輔on ICEができるね」とか、まー色々煽る煽る(うまいなー)。
言われた高橋選手は、土曜昼の公演時は「いやいやいやいやいや…」と完全否定だったのが、千秋楽には「まあ、いつかできたら…ですかね」とコメントが変わっていて、(ねーさんグッジョブ!!)とファンは皆、心の中で親指立ててたに違いない(笑)

ちなみに高橋選手の「今までショーの時、振付の人の話とかあんまり真面目に聞いてなかったので、反省してます。今度から真面目に聞きます!」とのコメントに場内大笑い。そうだよね、会社の仕事なんかでも、自分がやってみて初めて仕切る側の苦労がわかるもんね。こういう経験ってきっと将来の自分のためになりますよね(←とご本人が言ってました)。いやぁ良かった良かった。←お前はオカンか

というところでふと気づく。
やべー。抽選会とⅡ部のオープニング・グループナンバーだけでなんでこんな長いんだ。どこまで書けば気が済むのかオレ。まだ全然進んでないやんけ…。

そして、今週末は土・日とも出勤で、おいらは今夜はソッコー寝なければならないのだった…。ばかばかオレのバカーっもっとサクサク書けー (…でも反省はあまりしていない)

てな訳で、FOIは次でラストです。がんばって書きまっす。   たぶん。(いや本当に)
[PR]
by miyabin-k | 2010-09-03 23:29 | スポーツは観戦派


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧