帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

TEB2010 男子シングル結果を興奮しつつ語る

いやー、ついにGPS終わっちゃいましたねえ。

あっという間の6週間だったのう…さびしひ。
まあ2週間後にはファイナルもあるので、寂しがってる暇はそうないと言えば無いんですけど(笑)
CORのことももちろん色々書きたかったんですが、先週末は土日とも仕事やら予定やらで出掛けていたので、一度BSの録画を一通り見たっきり、この週末までほとんど見返せなかったんですよねえ… そしてTEBもあっという間に終わってしまったよ、と。

CORについては、安藤選手と鈴木選手の1、2フィニッシュと、ベルネル選手の優勝をガッツリ喜びまくり、さらにペアの高橋・トラン組2位に歓喜。(しかしトラ先輩、おいら本当に感激で目から何かが出てきたぜよー!アボがファイナルを逃したのは切なすぎるけど…しょぼん)

さてエリックボンパール 男子シングルいきます。

今日はそんなに長くない…かも? ↓
[PR]
by miyabin-k | 2010-11-29 01:22 | スポーツは観戦派

スケートアメリカ 男子シングルを語ってみる

さて………と。スケアメ終了でございます。
4戦目ということで、GPSも残すところあと2戦。くーっ早いのう。

という訳で、COCに続いて日本人選手アベック優勝おめでとうー!!またしても空気を読まず、スケアメ(男子シングル)で5回目の日の丸をはためかせてしまいましたな(笑)。
だがその前に、オレにはちっくと言わねばならぬことがあるぜよ!今回これだけは書かずにはおれんちゃー。(←龍馬伝かぶれか) 月曜の地上波、「男女フリー&エキシビジョン」とラテ欄にあった筈なのに、男子の演技は高橋選手FPが15秒+織田選手FPが5秒くらいで、今回大躍進の村上大介選手は華麗にスルー(涙)。あれならもうラテ欄「女子フリーほか。」でよかったやん。しかもスケカナもスケアメも2位‐2位ときて、尚且つ今季まだ一度も地上波でSPもFPもフルで放送されてない織田選手の立場は…。あと村上大介選手の素晴らしいFP(号泣)…はあ。いや最初から放送ないと思ってれば、こうまで腹も立たないけど、「男女フリー」とか書くから期待しちゃったんだよ、ぐっすん。

まあ、気を取り直しまして・・・(ここからまた長いですよ?)
[PR]
by miyabin-k | 2010-11-17 02:04 | スポーツは観戦派

中国杯(COC)男女シングル またしても今更な駆け込みまとめ

さてスケアメ前に、中国杯男女シングル感想を駆け込みで(またか・笑)。

日本人選手のアベック優勝という結果はもちろん万々歳なのですが(ペアとダンスはもはや地上波やBSにリアルタイム放送を期待することは諦めたよママン…)、しかしジュベ(涙)

いろいろと物議を醸したSCの後だけに、今回のジャッジにはかなり注目していたのですが、NHK杯、SC、COCの結果から見ると、この数シーズン続いていた採点傾向(=TR、SS重視)は当然さらに強まっていくということなんでしょうね。ふーむ… 別にそれが悪い訳ではないのですが、オイラの気持ちとしては、「TRもSSもスピンもステップもジャンプも全部重要じゃないのかYO YO YO!(←ラッパー風にお読み下さい)」という感じですかねえ。だって現行ルールの中では、TRやSS悪い選手はPCSで下げられ、どんなにジャンプだけ綺麗にキマっても基本的にコンペでは勝てない訳ですから、逆にジャンプで何度失敗してもTRやSSさえ良ければコンペで勝てるっていうのは、どうにも釈然としない気が…。

ちなみに、TRもSSも良い選手がジャンプもスピンも綺麗にキメれば、そういう選手(=今回のCOCのこづとか)が上位に来るのは当然だし、そういう高いレベルでのコンペを世界中のフィギュアファンは見たいんじゃないのかなぁ、とかオイラは勝手に思っております。(違う意見の人もいるでしょうが…)
うーん。ソチまでにどういう採点傾向が主流になるのかはまだ不明ですが、できるだけファンも選手も納得できる改正に進んでほしいなぁと、極東島国の1ファンはこっそり思うのでした…。

さて、前置きがやたら長くなりましたが、またしても一部選手のみですが(すいません)感想いきます。(前置きだけでなく、こっからさらに長いぜ!)

More・・・
[PR]
by miyabin-k | 2010-11-13 04:25 | スポーツは観戦派

今更ながらN杯とスケカナ男子を大雑把に語ってみる

GPS、盛り上がって参りましたねえ。(いろんな意味で)
という訳で、今さら遅すぎる感も無きにしもあらずですが、COC前に駆け込みでN杯とスケカナの男子シングル大雑把感想など(一部選手のみですすんません)。

まずはN杯(こちらは3名のみ)から

ジェレミー・アボット選手
今回、オレは感動にうち震えたぜ。アボのSP…美しすぎる。海外掲示板では、TR過多だの足元がいっぱいいっぱいで滑りこなせてないだの、色々と言われてましたし、実際その通りだとも思うんですが、それでもオレはあのSP、コリオ、雰囲気、好み過ぎて倒れそうだった(衣装だけは謎だが・笑)ナハロ氏GJ。ジャンプも低空だけど全て綺麗に決まっていたし、本当スピンのノーカン残念だった…。あれがなければSP1位もあり得ただけに勿体なかったのう。(まあそれを言い出したら高橋選手の3Aお手付きやステップでのふらつきも、なければもっと高い点出てたかも…ですから言いっこなしですが)翌日のFP:Life is beautifulも素敵でしたね。ただオレ的にはSPが圧倒的に好きすぎて、FPは全般的に少々薄味なイメージ。ただ素敵プロなのは間違いないので、滑り込むにつれ当然もっと洗練されてくるでしょうし、次のロシアに期待大!とにかくアボには、毎年律儀に全米にピーク持ってくるのだけは止めてくれと、切に願うばかりでございます。東京ワールドでピークのアボを見せてくれー(切実)。

羽生結弦選手
いやーたまげた。この15歳、マジ度胸ぱねえ。あのクワドは今季のNHK、SCの2大会を通して見ても、今のところ高さといい飛距離といい着氷の美しさといい、オレ的には全選手中No.1クワドかと(GPSが進めば今後はわからんけど)。この夏ショーで何度もクワド挑戦してるのを見てましたが、成功を見たことが無かったので、試合で成功するにはもうちょっと時間が必要かなー、なんてのんびり構えてたところにこの衝撃。そして試合後のインタビューやら「豊の部屋」での落着きまくった受け答え。(15歳の頃の高橋選手のインタビューを見れば、この落差に驚愕必至・笑)とりあえずオマイ本当は何歳だ白状しろや、とTVに突っ込むこと数度。本当に末恐ろしくも頼もしい日本選手が現れたものです。FP後半バテましたけど、この辺りのスタミナ問題はジュニア時より30秒のびたFPを思えば想定内。スタミナつけてジャンプがこのまましっかり安定してくれば、あとはスケーティングかなぁ。まあ15歳という羽生選手の若さを思えば、これからどんどん上手くなるでしょうし、問題無し!ほんっと今後の成長が楽しみですね。

高橋大輔選手
SP冒頭、「ギャアアアー」の黄色い歓声にTV前で見ていて思わず笑ってしまいましたが、オレも生で見ていたらおそらく叫ぶ(笑)。…なんでしょうかこのコンペとは思えないラテン空間。今回かなり丁寧にステップを踏んでいたので、踊り狂ってるという感じは受けなかったですが、それでも観客やジャッジを巻き込む力はやっぱり凄ス。SPの3Aでお手付き、さらに3Fにeがついてましたが、FPの4Tは美しかったですねえ。JOの4Tには及ばないとは言え、なんというか“漢ジャンプ”という感じの力強さ。今後FPは3‐3入れてくるだろうし、SPも今後、構成を多少変えてくると思いますが、昨年のLa Stradaも eyeも、試合ごとに良くなっていったことを思えば、特に心配はしておりまへん。とにかくスケアメで更なる進化版ブエノスが見られると思えば、んもー楽しみ過ぎます。今の時点では、FPよりSPの方が海外での評価はどうやら高いようですが、去年の道も最終的に名プロと認められたように、ブエノス冬-春も、完成形は凄まじい名プロになるような予感がひしひしとしております。(えーと。ファンなもので。あの…すいません。とりあえず言わせといて・笑)

ここからスケカナ↓

パトリック・チャン選手
SPでのあの驚きの3コケ。こりゃPチャン今回はさすがに台乗り厳しい?と思いきや、FPぶっちぎりの1位で総合も1位。…という、またしても凄いことになってしまいました。SPは3コケが際立っていてあまりプロの内容を覚えてない(ヲイ)のですが、FPオペラ座の怪人は、昨季からの持越しとはいえ編曲もコリオもかなり変更していて、オイラ的には昨季より全然好み。(あ、編曲のあのブツ切り編集は好みじゃない…笑)なんという壮絶な鬼プロ。昨季も足元凄いなーと思って見てましたが、今季はあのツルツルスケーティングが更に「超絶」ツルツルレベルになっていることに驚愕。クワドも成功したし「すげー。これはたぶんFP1位来たな…」とは思いましたが、ただ3A 転倒、それ以外のジャンプもかなり着氷乱れたし、まあスコア160位?とか勝手に思って見ていて、スコア166.32点に顎外れかけました。PCS84.14。ジャッジの中には5項目中3項目で9点台出してる人までいるし…。シーズン初戦でこの点数。もはや神業の域ですね。まあ、案の定、直後から海外掲示板では激論が交わされておりますが、北米ファン中心の掲示板ですら「FPの1位は良いとしても、あの高得点はあり得ない」という意見多数。まあPチャン本人が、あの大遭難SPで73点という高得点が出た後、「ジャッジは僕が演技をきちんとやれることを分かっている。高評価を与えたいんだと思う」「ローリーは僕のスケーティングがいかに素晴らしいがジャッジに説いてくれている」とか、またしても要らんことをメディアに言っちゃったので、「ISUジャッジを指導する立場にあるローリー・ニコルがそういうことを言えば、当然審判の意見はそちらに誘導される」だの、「才能や期待値で高い点数が出るなら、最初から競技会を開く必要がない」と非難轟轟。そりゃそうだ。なぜいつもそんな迂闊なことをペラペラ言うねんPチャン…。
 うーん。残りのGPSでの他選手への点の出方が今後の指標になるとは思うのですが、Pチャンがちょっと図抜けちゃった感があることは否定できないですね。SP3コケ+FP1コケ、合計4コケでぶっちぎり優勝できる人が、クリーンに滑った日にゃ、どんな銀河点が出るのか想像するだに恐ろしい。ぬぬぬ… 

織田信成選手
織田選手、SPすんばらしかったですねー。あの猫着氷。ジャンプの軸ズレを見事に修正するあの柔らかな膝にいつもウトーリ。3A前の長い助走は今だにちょっと気になりますが、着氷の素晴らしさでプラマイ(ゼロじゃなく)プラス+だ(笑)。プログラムもすんごいエエじゃないですか!黒い衣装とコリオも吉田兄弟の曲に良くあってたし…。オレ好みだ。FPは、緊張からか演技全体が固かったし、ジャンプも3A転倒、コンボも1つ抜けたこともあって、点数は思ったより低くなりましたが、今回クワド、お手付きありつつも降りたし、シーズン序盤としては全く無問題。(もともとスタートダッシュが良い選手ではありますが、今季はぜひピークを後半に!殿~)あとはPCSが伸びてないのが少々気になる所ではありますが、まあまだワールドまでに上げられる余地は十分あると思うので、次のスケアメで勝負ですね。あ、あと今回殿のFPの衣装も良いなー。今までで脚が最長に見えたぜ(笑)。いや、もともとスタイル良い選手ですが、今回はいっそう良く見えました。衣装さんGJ!

さて、あまり沢山書く時間がないので、こっからはまとめてドンといきます。

アダム・リッポン選手:JOでの演技に比べてだいぶ精彩を欠きましたが、それでもFPはスピンで2つレベル4を取り、3A以外のジャンプは手堅くまとめてスコア155.51点。オレ的には相変わらず顔が美麗な以外、演技に華は感じないんだけど(すまん)とは言えやっぱり安定感ありますよね。Pチャンの後で滑ったせいもあって、足元とか見てるとさすがに違いが際立っちゃうんですが、それでも手足の使い方が綺麗で、解説のミノール佐野が言ってたようにジャッジが点を出しやすい選手、ということなのかもしれません。うむ。(ところでオーサー、キスクラで映ったのを見たらなんか3月の頃より太った気が…気のせい?)

ケヴィン・レイノルズ選手:現世に降りた4回転妖精キター!!!SPでの2種類のクワドも、FPでの2回のクワドも、もはやレイノルズ選手にかかれば3回転と同レベル。というか本当に1つ目の4Sは3Sに見えましたもんね。(以前N杯で生で見た時も、会場の観客のほとんどが4回転と気付かず。かくいうオレも帰ってTV見るまで自信がなかった・笑)あのジャンプに高さと幅が出たら、もっと点数的に凄いことになると思うのですが、でもこれまでスケーティングスキルに問題があるとかなり指摘され続けてきたレイノルズ選手の滑りが、本当に良くなってきていることにめっちゃワクワクさせられましたよ。もっともっと上を目指して頑張ってくれー。

ハピエル・フェルナンデス選手:SPマンボ、冒頭の振付変えてましたね。良かった。あれはやはり、コンペの振付としてはいかがなものかと密かにオイラ心配してました(笑)。FPのパイレーツオブカリビアンは昨季からの持越しプロ。コリオもそう変えてる印象はなかったですが、それでも素晴らしかったですね。モロの今季の生徒?2人(アモとフェルナンデス)はどちらもホント踊りで魅せる選手だなあ。クワドも美しかったし、こういうジャンプが綺麗でしかも踊れる選手というのは、本当見てて楽しいっすね。うむ。眼福眼福。

南里康晴選手:ううう。今季で引退なんですよねえ南里選手。でもGPSはスケカナだけだけど、全日本は出ますよね?(誰に聞いてんだ)なんかTVでやたらこれで見おさめ見おさめとアナが連呼してるので、全日本出ないとかってどっかで言ってたっけと不安になってきたんですが…。とにかくSPもFPも丁寧に丁寧に滑っていて、スピンのスピード以外はもう言うことなし!なんか両プロとも、見ていてジワーっと込み上げてくるものがありました。カルメンは元々好きなプロだったので、もう1度コンペで見られたことに感動。こんなに滑れるならもっと続けて欲しいと我儘なことを思ってしまう訳ですが、昨季は手術の後なかなか本調子になれず大変だったし、スポンサーも離れた今、単なるファンがどうこう言えることではないですもんね。後は全日本で最後の雄姿を見せてくれることを心から祈ります。
(※百日紅様からの情報により訂正⇒スポンサーのふくやさんは契約期間終了後も、南里選手の支援を継続されているそうです。本当に良かった~)

アルバン・プレオベール選手:おお久々だ~良かったGPS出てくれて(感涙)。今季ポンセロ選手が出ない以上、アルバン選手が出ないと仏はアモとジュベだけになってしまいますもんね。(いや、仏からGPSに出る選手もう1人いるんですがオイラその選手の演技まだ見たことなくて…すんません)今回FPは、アルバン様ならではのコミカルな演技を封印してクラシックの王道プロでしたが、こういうプロもまた良し!ニースワールドまでは続けてくれると信じてるぜ。次のロシアも楽しみだー。


…という訳で。
ようやく明日からのCOCに間に合った(?)ので、明日からのコンペを楽しみに見たいと思います。安藤選手や鈴木選手に長洲選手、小塚選手にジュベール選手にベルネル選手さらに町田選手など、んもーこれまたN杯、スケカナに負けない凄い勝負が繰り広げられる予感に今から期待大!

はー。GPS期間中は、ホント毎週楽しいなぁ(オレだけ?笑)
[PR]
by miyabin-k | 2010-11-05 00:14 | スポーツは観戦派


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧