帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4大陸女子シングルをまとめてみる

さあ遅まきながら四大陸女子です。
上位選手達の演技は本当にほんっとーに素晴らしかったですねえ。うっとり

…今思い出しても、安藤美姫選手、浅田真央選手、長洲未来選手のほぼノーミス、というあの神演技は鳥肌モノです。(レイチェル・フラット選手も素晴らしかったですが、やっぱりこの3人の争いは、ちょっと突き抜けてましたね今回の四大陸…)

という訳で早速、女子総括ちょこっとだけ。

まずは鈴木明子選手
SP6位/FP7位で総合7位という結果は、本当に残念。ワールド出ない分、四大陸で弾けてほしかったけど… くすん。昨年の全日本の時「シーズンが進むにつれジャンプのタイミングがズレてきていた」という本人談話がありましたが、まだちょっと復調していないんでしょうか。FPでは最初のLzがシングルとなった後、調子を立て直す間もなく4分が終了してしまった印象でした。ただ、そんな中でもスピンはレベル3、レベル4しっかり取ってますし、鈴木選手は既に来季についても言及してくれてますから、新しいシーズンに向けて、しっかり立て直してきてくれると信じております。あっこちゃん、おいらは来季も応援しまくるよー!

アリッサ・シズニー選手
SP5位/FP5位で総合5位。USA選手にとって、1月末の全米でマックスにまで上げたピークを、この四大陸に再び合わせるというのは相当キツイですよね。特にワールドに出る選手にとっては、この1カ月後にシーズン最高のピークを持ってこないといけない訳ですし…。SP、FPともに取られたフリップのeはもう仕方ないとしても、スピンの回転速度やスパイラルでのポジションは本当に素晴らしいし、滑り綺麗だし、なにより今季のFPは、シズニー選手にベストマッチしていて(衣装も!)素敵すぎるぜ! ジャンプ以外の要素でしっかり点の出る選手なので、シーズン前半並みにジャンプが安定してくれば、ワールドでは当然表彰台狙えますもんね(3Lzの不調はちょい気になるけど)。まあ四大陸は、ワールド調整のつもりで臨むという本人コメントもありましたし、3月半ばまでにジャンプを安定させてほしいよう。パーフェクトFPが見たいーー!!

レイチェル・フラット選手
GPFでは残念でしたが、全米に続き、四大陸でも復調をしっかりアピールしましたよね。SPは本当に素晴らしい出来で62.23点、FP:10番街の殺人も、着氷を堪えたジャンプはあったものの、見た目ほぼクリーンでコケティッシュ(←あんまり最近使わん気がするコケティッシュて表現・笑)なフラット選手の魅力満載。FPスコア118.08点で合計180.31点。なんと言っても60年代ハリウッド映画の雰囲気を出せる10代、そうは居らんぜよ・笑)。トップ選手中ではかなり低めだったPCSもだいぶ上がってきましたね。この安定感を国際大会で継続して出せれば、もう少し出ると思うし、スタンフォードに戻るのはもうちょっと後にして、来季もGPS出てきてほしい…。いやその前になんとしても、ワールドでシズニー選手と共にUSAの女子3枠獲得&自身のベスト演技を目指して、良い演技してほしいなあ。

長洲未来選手
み、未来ちゃん…!!オイラはもうこのSAYURIを見ながら、ラストで目がウルウルきてたよーー!なんという完璧なプロ。このSAYURIが東京ワールドに来ないなんて…(涙)。四大陸FPは、長洲選手の能力を最大限引き出したら、こんな凄いことになるんだという良い見本になりましたね。昨年のバンクーバー4位、トリノワールドでのSP1位という本来のポテンシャルの高さを、ここで一気に見せつけてくれて、本当にオレは感無量。頻繁に取られていたジャンプの回転不足も、今回のFPでは取られてないし(SPでは取られたけど)、あとはSP、FPを確実にまとめる安定感と、シズニー選手と同じくフリップのeが修正できれば、本当に凄い選手になりますよね。特にフリップに関しては、今から修正に取り組めば、1~2年でなんとかモノにできると思うんだけどなぁ…。うう、キャロル爺、頼むぜ!

浅田真央選手
SP63.41点/FP132.89点、合計196.30点で総合2位。真央ちゃん、今季の国際大会でのSB、四大陸で50点も上がったことになるんですね… すげー(全日本は国内大会なので除外)。いやもちろんNHK杯での133.40点、TEBでの148.02点という得点は、ジャンプ修正という厳しい状況の中での数字であって、元々の真央ちゃんの能力から考えれば、あり得ない数字ではあったんですが、しかしこの点数の落差だけを見ても、どれだけ真央ちゃんがN杯からここに来るまでに、自分自身との壮絶な戦いを乗り越えてきたか分かるというものです。本当に凄いとしか言いようがない…(感涙)。実際には、SPでの3Aは着氷が乱れて<が付き、FPも3Lzやコンボの3Tや2Loに<が付きましたが、Lzのエッジは目覚ましく改善されてるようなので、来季辺りはマジでe付かなくなるんじゃ…と期待してしまうぜ。(何より5種の3回転+3Aが、真央ちゃんのプロに全部入ったことが本当に嬉しい…)

ちなみに今季のFP「愛の夢」は、事前情報のとおり後半が随分と変更されて、本当に別プロみたいになってましたね。今の所、おいらは前Ver.のが好みではありますが、ただ今回の、美麗なスパイラルでのフィニッシュはめっちゃ好み!音楽とも本当にマッチしていて、ラストでのウットリ感が本当に半端ないです。高橋選手も今回、プロ後半の構成をかなり変更して滑りやすくしたと言ってましたが、真央ちゃんもこちらの方が以前より滑りやすいのであれば、おいらの好みなぞどーでもええですわ(笑)。まだまだ調整途上だと思いますし、このまま調子を上げてワールドまで一気に突き進んでほしいのう。真央ちゃんがんがれー!!

安藤美姫選手
そして、安藤選手ですよ…。SP66.58点/FP134.76点、合計201.34点。文句なしの1位です。直前の長洲選手の素晴らしいFP演技に思わずウルっときたおいらでしたが、それを上回ってしまった安藤選手の安定感と美しさ、優雅さに、思わず「やべ。すっげーもん見た…」とTV前で呟いてしまいました。

完璧なジャンプ、安定した美しいスピン、複雑なステップ。本人比で「スピードが全日本より無かった」とのことで、確かにスピードは全日本の方があったと思いますが、それにしてもこの失敗しなさ加減、本当に半端ない。見ていてハラハラしない分、観客もプログラムの世界観に入りこめますし、今季負けなしのFPに絶対的な自信があるからか、安藤選手自身も落ち着いて音楽表現に気を配る余裕があるという、本当に見事な好循環。そしてあんな美しいプロトコル、そうそう見ないという程、SPもFPもマイナスが一切無い!!FPでは全ての要素にプラスが付き、ほとんどのジャンプに1点以上のGOE、さらにスピンもオールレベル4というパーフェクトさ。今季の安藤選手の凄い所は、GPS初戦からFPに関してはずっとノーミス、しかも少しずつレベルを上げてきていて、着実に点数も伸ばすという神業的な成績を残してるということですね。今現在、東京ワールドでメダル候補の筆頭だと思いますが、変なプレッシャーなどを感じず、自身のペースでしっかりロシアで調整していって欲しいなぁと心底思います。また全日本みたいなガッツポーズが見たいぜ!!

はああ。いやしかし、男子も女子も本当に四大陸は素晴らしい演技を沢山見られて幸せでした。ダンスはテッサの棄権がショックだったけど、どうやら怪我ではなく大事を取って、ということのようだし、高橋トラン組もワールドで巻き返してくれると思いますし(成美ちゃん、ジャンプ安定するといいなぁ…)、あともう3週間(!)、出場選手達が全員ケガなく健康で、試合では自身のベストな演技ができるよう、心から祈りたいと思います。

そして、何気に(何気にじゃない)明日からはジュニアワールド!期待の若手が多数出ますからね。こちらも皆がんがれ~!!!

と言う訳で、ようやく終了…ふう。長かった。(←オマエが長々と書いてるんだろというツッコミは、聞こえないったら聞こえない)

では皆さま、心おきなく?おやすみなさーい!

気が向いたらポチっとお願いします↓
blogram投票ボタン
[PR]
by miyabin-k | 2011-02-28 00:52 | スポーツは観戦派

4大陸 男子シングルをざっくりまとめてみた

いやー、興奮の4大陸が終了しましたね!!

昨日は女子SPと男子FPのJスポLIVE、今日の昼間は女子FPのLIVE(夜に地上波も見ましたけど)と立て続けに緊張と興奮が続いたため、見終わった後で一気に脱力…
(スケオタ友達のみのまよちゃんからは、金曜の昼間「仕事が手につかない」というメールが入り、土曜夜は「疲れた…力入り過ぎ」というメールが来ていた)←私らどんだけスケート好きだ

でもそれだけの価値は十分ある大会でしたね!

んもー土曜は、高橋大輔選手の素晴らしいFP、羽生結弦選手の美しいクワドに感動しまくり。アボット選手も決して本調子とは言えないまでも、演技をまとめて3位に入ってくれたし…。小塚選手は本当に残念でしたが、FPは2位、総合で4位まで順位を上げてきて、底力を十分見せてくれましたもんね。

女子は今日のFP、本当に素晴らしい演技の連発に、「すげーーーー!」「うぉっこっちもすげーー!」「ちょ、マジすごーー」とTV前で叫ぶこと数度。特に安藤美姫選手のSP、FPのクリーンさにはマジで震えが来ましたし、長洲未来選手のパーフェクトFP、さらに浅田真央選手のFPの3Aの美しさと全てが流麗なプログラムにテンション上がりまくりですよ。

ワールドに出場するかなりの選手達が、プログラム構成の一部を変えてきて、ワールド対策をしっかり練ってきているのが良く分かったし、シーズン前半に調子を落としていた浅田選手や高橋選手が、皆それぞれ調子を上げてきている所をしっかり見ることができたのも、本当に東京ワールドに向けて、嬉しい大会でしたよねえ。

今回は女子も男子も書きたいことが多すぎるのですが、とりあえず今日は男子表彰台だけいきます。(ちょっと睡眠不足ですねん・笑)

ジェレミー・アボット選手
最初のクワドで転倒。<が付き、幾つか着氷を堪えるジャンプもあって、全体的にTES上がりませんでしたねえ。FPスコア148.98点。SPとの総合で3位。全米と同じく本来のアボット選手の能力から考えると、ちょっと精彩を欠く印象が最後まで拭えませんでした。トータルで見ると良くまとめたなーと思うし、美しいスケーティングはいつも通り素晴らしいんですけど、一番良い時のアボの滑りを思うと、「もっと出来るのに!!」と思ってしまうんですよね…ぐすん。でも表彰台、本当に良かったよう。来季も現役続けてくれると思うので、来季もう一度USAの一番手(ライサが戻ってきたらちょっとどうなるか不明ですが)として、ワールドでアボット選手を見たいなぁ。

羽生結弦選手
シニア国際大会での初の2位おめでとうーー!16歳でこの度胸、凄すぎるぜ。羽生選手は、3Aも4Tも本当に綺麗に放物線を描いて飛ぶので、見ていてウットリ感が半端ないです。最後はだいぶバテちゃってましたが、あれだけのTESが取れるのは凄い!!とりあえずFPでの後半の体力が当面の課題だと思いますが、ここからオフシーズンにしっかり身体を作り、更にスケーティングをもっと磨けば、来季辺り、GPSや全日本での台乗りも…とか期待しちゃいますね。SPやFPで大崩れしないメンタルの強さも頼もしいし、海外掲示板では既に「Little Johnny」との愛称で今後を期待されまくってますし、いやーマジで今後が楽しみ過ぎる…。
(ジョニー、大会前にTwitterで「Yuzuru Ganbatte」とつぶやき、結果が出た後は「Yuzuru、I'm so proud!」と大喜びしとりましたなー)

高橋大輔選手
FP冒頭のクワド、回転不足となり派手にコケてしまいましたが、その後は見た目ほぼ完璧でしたね。ただしプロトコルを見ると、3-3のセカンドジャンプで<が付いたり、スピン2つがレベル2、サーキュラーでレベル3だったんですよね…。クワドがきちんと決まり、その他細かい取りこぼしを修正できれば、まだ点数は上がると思うんですが、まあ今回は1月の渡米でコリオをかなり変えたり、合間に整体治療なども受けていたようですし、十分な滑りこみはこれからですもんね。1か月後のワールドにはなんとか間に合うと思う、との本人談話もあったし、とにかく今回は復調の様子をしっかり見られたことが本当に嬉しいですよね。

しかし、本当にピアソラ振付がかなり変わってたことにはびっくり。後半のジャンプ構成を変えたという話だったので、少しつなぎを減らしてジャンプを飛び易くするんだろうなー、とか思ってたのに… つなぎの密度あんま変わってないし。どういうことじゃ?(笑)

最初の3Aに2Tを付けた時に、見ながら「後半のジャンプ変えたって、前半も変わっとるーーー」と突っ込み、後半の最初のジャンプがソロの3A、2つ目が3Lz-3Tと来たので、これは本当にジャンプ構成をがっつり変えたんだなとTV前で正座でガン見(笑)。全日本ではダブルになった最後のサルコウをコンボの次に持ってきて、その後で3F、最後がコンボの3Lz-2Tと、後半のジャンプほぼ全てを、全日本までの構成と変えてましたね。個人的に好きな振付がちょっと無くなったりもしてましたが、でもこれで本人的にプログラムがスムーズに進むなら全然OKさ。(つなぎが増えて、却って鬼プロになってる気もするけど・笑)。新たに追加された振付で凄く好きな部分もあったし…。ほっとしたのは、今回ジャンプでeが付かなかったことですね。回転不足の方は、今季、着氷詰まりでも厳しく取られているようなのでちょっと要注意ですが、なんとかワールドまでにそこも修正できると良いなあ。

はあ。いや本当に今年の四大陸は女子も含めて楽しかったです。
これでオイラのワールドへのモチベもがっつり上がってきました(いや元々マックスまで上がってはいるだろうという突っ込みは、その通りだ)。

ワールドでは、今回のメンバーにPチャン、ジュベ、アモ、ミハル、ベルネルも来ますもんね。もちろん全米表彰台メンバーであるブラッドリー、マイナー、ドーンブッシュも来るし、日本からは織田選手が加わるし、男子シングルの激戦を考えるだけで今から興奮で鼻血噴きそう…。(落ち着け)

さあ、それでは本日はここらで終了いたします。
余談ですが、おいら女子の地上波を見ていてEX見るのをすっかり忘れてました。うう。BS放送が待ち遠しい…

とりあえず明日は小龍包でも買って帰りまーす。では皆様おやすみなさい。

気が向いたらポチっとお願いします↓
blogram投票ボタン
[PR]
by miyabin-k | 2011-02-21 01:07 | スポーツは観戦派

興奮の4大陸 男子SP結果と・・・ ドーナツ!

こんばんは。土曜になんとか出勤せずにすむよう、今日必死こいて仕事して、22時半過ぎにヨロヨロと帰宅した管理人です。

でも、ちっとも辛くなんかーないさー! そうさ、帰ればスケート見られるんだ頑張れ、頑張れオレ!…と自分を励ましながら(…騙し騙しとも言う)仕事頑張りました。この気合のおかげで明日は休日出勤しなくても良さそうです。  ふは、ふはははは。

ちなみに、本日午後からは、ウッカリ関連ニュースを見たり聞いたりしてしまわぬよう、家に帰り着くまで携帯すら一切触らないという情報完全シャットアウト状態。(←大事な連絡とかあったらどうするつもりなんでしょうかこの人)。

なんとか無事余計な情報を一切耳に入れぬまま、先程まで、昼間に録画しておいたJスポで第1Gから最終Gまでを全員見て、その後、フジの地上波録画で、もう一度見たい何人かの演技と、西岡アナと解説の本田さんのコメントを中心に視聴。(もちろん2回目なので、演技とキスクラ以外の部分は、基本全て早送りですが)

いやー、疲れが一気にふっ飛びましたよ!
という訳で、ここからいつもより短めですが男子SP感想いきます~。

ジェレミー・アボット選手
オレの大好きなナハロSPで、3Lz着氷が少し乱れましたし、スピンが1つレベル1でしたけど、全体的には美しくて良い出来でした。このプロ、編曲といい繊細な手の動きといい本当に好きだよう。SP2位とは言え、スコア76.73に本人は満足してなさそうでしたが、明日のFP、来季に繋がる良い演技を見せてくれると信じてるぜアボ!! 

羽生結弦選手
SP3位素晴らしい! しかも2位のアボと僅か0.3ポイント差。本当に羽生選手の3A素晴らしいですねえ。なんという加点(2.0)!!幅がある上、着氷後の流れもあって、見ていても毎度ながらウットリ。他の要素も良かったし、まだまだ伸び代がありそうなのが凄いっす。あ~明日も楽しみ。この勢いで表彰台狙っていって欲しいものです。

小塚祟彦選手
今季ここまで大崩れをしなかった小塚選手のSP66.25点は衝撃…。もちろんこの点数は、コンボのセカンドが抜け、ジャンプ着氷が不安定だったことが要因なので、そこを修正できれば、きちんと点は出てくると思います。(まあ振付を少し変えたり、SPから4回転を入れる練習を始めたりしているようなので、そこも今回の不振の原因の1つですかね…)まあ明日のFPでは、余計なことを考えず、ワールドに向けエレメンツの確認をしっかりしつつ、気持ちを切り替えて台湾の観客の皆さんに「小塚崇彦の滑り」を見せてほしいですねー。がんがれこづーー!!!

アーミン・マバヌーザデー選手
うんうん(目キラキラ)。アーミン君ええでええでー。スケアメ、全米、4大陸と、出る試合出る試合、ホントに安定してますね。若々しくてしなやかな滑り、好感度大でございます。今回は3Aで<付いたのが、見た目クリーンだったにも関わらず70点台に乗らなかった大きな要因だと思いますが、USA若手選手にはドーンブッシュ選手とかマイナー選手(もちろんリッポン選手)など強敵も多いですが、なんとか来季GPSで2試合アサインされるよう、ここで1つでも上の順位に食い込んで欲しいなぁ。SP5位。


高橋大輔選手
いやー!来ましたね。台湾でも「兎ッ!」 この数日というもの、練習映像をニュースで見ては「調子上がっているのかな…」「いやでもまだ試合を見ないと…」などと、心配したり楽しみだったり、やっぱり楽しみだったり(笑)オレの心拍数は只事じゃなかった訳ですが、そんな心配を吹き飛ばす素晴らしい演技に、もうおいらもガッツポーズですよ。
ジャンプは全て成功。3Aもコンボも3Lzも全て美しい着氷でしたし、滑りも以前のような氷に吸いつく感じがかなり戻ってきましたね。あの全日本の後で、変更箇所を試す場でもあった訳なので、スピンの入りなど随分慎重に見えましたが、それでいて踊る部分はしっかり観客を盛り上げるステップを見せてくれて、おいらもう演技終盤はずっと笑いっぱなしでしたよ。
とにかくなんだか無性に嬉しかったので。

…しかしその感動とは別に、本日SP中の一番の衝撃・・・。

 「ちょww ドーナツスピン!?」(← オレはTV前でのけぞった)

いやもちろんスピン変更は想定内でした。しかしドーナツやってる映像、実際に見たら、やっぱその衝撃度、半端なかったっす・・・。
ここにきてドーナツ挑戦とは、マジ高橋さん、パねーよ。

台北アリーナの日本人観客も、明らかにどよめいてましたもんね(その場にいたら、間違いなくオレもどよめく・笑)。高橋選手の「おっと!と思わせるような演技がしたい」という事前の言葉は、このドーナツということでファイナルアンサーなんでしょうか。
(どうしよう、明日のFPでイーグルとかイナとかやり始めたら…)←全然OK(笑)

「筋肉痛です」という本人談話は、そこから来てたんですかねえ。

まあ実際ここのスピン、レベルはまだ取りこぼしているので、今後改良の余地はあると思うんですが、そんなこんなも全て初ドーナツの衝撃の前にふっ飛ばされてしまいましたよ…。 生ドーナツ恐るべし(笑)

明日のFPも、良い状態で頑張ってほしいなぁ。

オレはもちろん両手にドーナツ握ってTV前から応援する所存です(笑)


気が向いたらポチっとお願いします↓
blogram投票ボタン
[PR]
by miyabin-k | 2011-02-19 03:49 | スポーツは観戦派

4大陸選手権 今日から男子SP!!

4大陸、ついに始まりましたねえ。

もうなんというか、例年以上にドキドキ感が半端なく高まってるオイラですが、既にダンスはSDが終わり、復活のバーチュー・モイア組が貫禄の1位!!しかし、2位のデイビス・ホワイト組とは0.39ポイント差という、物凄いトップ争いになっております。
3位のウィーバー・ポジェ組も、1位と差が4点以内と接戦だし、ダンスも熱いぜ!!

しかしバーチュー・モイア組の演技、1年ぶりの競技会とは思えない安定感でしたね。特にテッサは秋に手術してまだ数カ月だというのにあの動きって…。凄すぎる。(あと、テッサが身体しっかり絞ってて安心した。正直すまんかった、テッサ…笑)

ペアでは、高橋・トラン組がSP8位と残念ながら出遅れてしまいましたが、成美ちゃんが言っていたとおり、こうなったら無くす物はないですもんね。FPで良い演技を見せてほしいなぁ。


…そしてもちろん注目の男女シングルですよ。
仕事がちょっと立て込んでいて、夜帰ってきてから録画しておいたニュース映像などを見まくってますが、練習映像など見ると、否が応でも盛り上がってしまうスケートファンの哀しき性(笑)

嗚呼、マジで仕事なんかしてる場合じゃない!(号泣) ←コラ

とりあえず日本男子は全員、本日の練習でクワドを決めたようですね!(すぽるとで映像流れてたみたいなのでチェックせねば!)。羽生選手は4大陸で全力を出しきって表彰台狙って欲しいし、高橋選手・小塚選手はワールドに向けて、ここでレベルチェックや調整をしっかりできたら良いですよね。はー、みんな調子が上がってると良いなぁ。

ちなみに高橋選手は、1月の渡米の際、FPピアソラの後半部分、ジャンプの順番などかなり手直ししたそうですし、SPも同じ時にシェイリーンに見てもらったようなので、もしや明日のマンボも、細かい部分の修正とかあるんでしょうかね。そういう所を見るのもめっさ楽しみにしてます。何より、身体の調子が良くなれば、GPF以前の、あの氷に吸いつくような高橋選手の滑りもまた見られるでしょうし、今回の四大陸では結果云々よりもまずそういう部分が見られれば嬉しいなぁ。

もちろん日本選手以外にも、USAのリッポン選手(とオーサー)は全米のリベンジとばかり奮起してそうだし、アボット選手のSPとFPは、おいらの方がワクワクしすぎて今から挙動不審になりそうだし(←落ち着け)、アーミン君も実はスケアメ以来かなり応援しているので、良い演技して上位に来てほしいし…。

ところで明日の男子SPの滑走順、最終Gが特に凄いことになっていて、ちょっと笑ってしまいました。→男子SP滑走順

ナン・ソン選手(中国)とラキムガリエフ選手(カザフスタン)、日本男子3連チャンの後になっちゃったんですね。しかも最終Gの1つ前のグループには、ソーヤー、アボット、リッポン、レイノルズというこれまた凄いメンツ揃っちゃってるよう。

こうなると明日の地上波は、第3,4Gを全員放送するのであろうか…。こんな凄いメンバーだし、せめてそのグループだけでも放送して欲しいなあ。(今一番恐ろしいのは年末の全日本男子の悪夢再び。⇒ 2時間枠のうち1時間がクイズ番組という…)

そして土曜からの女子シングルも、今から楽しみ過ぎてハゲそうな(いやハゲはすまい)管理人なのでした。

うおおおおーー 週末がいろいろ楽しみすぎるわーいわーい!(踊りながら去っていってます)←病気か


気が向いたらポチっとお願いします↓
blogram投票ボタン
[PR]
by miyabin-k | 2011-02-18 01:26 | スポーツは観戦派

全米男子をようやくまとめてみた

日曜はバレンタインイブでしたねー。皆さん如何お過ごしっスか?

いや、もちろん言ってみただけです。(何のために)

ちなみにおいらは土曜は仕事だったんですが、夜に銀座で友人との飲み会があったりして、チョコを買いに行く暇がなかったので、本日渋々?出掛けて購入してきました。
しかしバレンタイン前日の日曜て!! 分かってはいたつもりだったけど、本当にデパートのチョコ売場って凄い騒ぎなんですねえ。洋菓子・チョコ専門店以外にも、和菓子屋・お酒コーナー・輸入菓子売場etc、etc… 

 なんや、どこもかしこもチョコ売っとるやんけーーーっ!

しかも、自分が見に行ったのが夕方だったせいもあってか、「程良い」値段のチョコは悉く売り切れ。(やっぱ世の中、義理チョコ用から売れていくのね… 笑)

…とまあそんな話はともかく、先週は欧州選手権のペア、ダンス、EXが次々と放送され、さらに1月のJSC(ジャパンスーパーチャレンジ)や12月のMOI(再)なども、JスポやBSで色々と放送されたため、オレの中では1月下旬に引き続き、絶賛フィギュアウィークでしたよ。  ←常にフィギュアウィークのくせに、という指摘は甘んじて受ける(キリッ)

さて先週結局辿り着かなかった全米。もう時期を逃した感が満載ですが、とりあえずどうしても書いときたい一部の選手についてのみ感想いきます。

全米男子は… いや凄い結果になりましたね。ユーロ男子が、色々波乱はあったとはいえまあ割と台乗りメンバーは予想の範囲内だったのに比べて全米…。
正直言って、オレの予想が完璧に覆されたというか、台乗りすると思っていたメンバーが一人も乗ってないという波乱。今回自分は特に表彰台のメンバー予想をしていた訳ではなく、JO、GPSの流れから考えても、なんとなく台乗りはアボット、ムロズ、リッポンでくるかなぁと勝手に思っていて、そこにブラッドリー、マイナー、マーバヌーザデー辺りがどう絡むか、とか思っちゃってたんですよね。

それがまさか、あの驚愕の展開になろうとは…。

ジェレミー・アボット選手
まさかの4位…。オイラは東京ワールドであのナハロSPを見られると信じてたんだよう。いったいどうしてこうなった(涙)。SPでは2位でしたが、FP:Life Is Beautifulで必ず巻き返すと信じてたのに…ぐすん。FPでは、冒頭クワドの回避に(え?)となり、まあ回避は確実にナショナルタイトルを獲るための安全策か、と思いかけたところで、3Aからのコンボでセカンドが2Tできて(…なんか今日おかしい?)と思ったら、その後はスピンやステップでも、いつもの滑りとは別人のように伸びがなくなってしまい、ええええと思っているうちに演技が終了してしまいました。FPスコア145.77点。
調整がうまくいかなかったのか、プレッシャーだったのか、靴の問題なのかは不明ですが、3連覇を狙って挑んだ大会でこんな大番狂わせがあるなんて。本当に一発勝負のスポーツは何があるか分からないですよね。(アボがワールド来ずに4大陸に来るなら、マジで台湾行きたかったよ…といまだにウジウジしている管理人なのでした)

リチャード・ドーンブッシュ選手
FP:シャーロック・ホームズ、良プロですね。ドーンブッシュ選手は、アメリカ期待の若手として勿論注目はしてましたけど、今回のFP見て、こんな良い選手だったんだなーと今頃気づくオイラ。クワドはまだ入れてませんが3Aは安定していて綺麗だし、スピン上手いし、滑りに変な癖がないので、どんなプロでもスルっと滑りこなせそうですよねえ。FPのTES83.27ですよ!?ひえー高っっ。スコア157.85点でFP1位の総合2位! 若手としてはPCSも結構高いし、まぁまだ演技そのものにこの選手独自の個性とかはあまり感じないんですけど、「なりきる」という意味での表現力は既に十分ありますもんね。うー今後が楽しみじゃ。

ロス・マイナー選手
2010年の全米ジュニアチャンピオン。額の広さにいろんな意味で危険を感じる(余計なお世話だ)20歳の選手ですが、演技は安定感バリバリ。FP:As Time Goes Byでは、いきなりサーキュラーステップシークエンスから入る辺り、面白い構成ですよねえ。ジャンプは、3A前の沈み込みがちょっと癖がある感じで、ランディングも時折ラフな感じもしますが、ただ跳んでからは姿勢は杉爺も言うとおり軸がまっすぐで綺麗だし、スピンも本当に上手いですよね(FPのスピンは全てレベル4)。スコア156.36でFP2位の総合3位。おいらの勝手なイメージとしては、雰囲気がスティーブン・キャリエール選手にちょっと似てる感じがするようなしないような。(顔じゃないっすよ。雰囲気の話なので異論は認める・笑)

そういえばキャリエール選手、ペア転向の話も出てましたけどどうなったんだろう…。

ライアン・ブラッドリー選手
昨年の全米で見て以来、FP:アマデウスは大好きなプロですが、今回はジャンプ全般がかなり厳しかった割に、ちょっと甘めに取ってもらったかなーという印象でしたねえ。冒頭のクワドは2回挑戦したもののどちらもお手付き、特に1つ目はどう見ても回転不足に見えましたがクワド認定されたし、3Aは2回とも着氷がかなり無理やりに見えたんですがGOEプラス付いてるんですよね。FPスコア151.51点(TES78.17)
ブラッドリー選手は昔っから好きなので(ゼロックスCMは今でも鮮明に覚えてるぜ)、このプロがワールドで見られるのは本当に嬉しいんですが、今回と同じような感じだと、うーむ…。国際大会では点が出にくいんじゃないのかなぁ、とおいらはちょっと思ってしまいました。もちろん、ワールドまでに調整はしっかりしてくるでしょうし、なんと言っても悲願の全米王者ですからね。がっつり気合が入ってると思うので、3月にアマデウス完成形が見られることを期待したいと思います。

全米女子はアリッサ・シズニー選手が素晴らしいFPで1位となり、レイチェル・フラット選手が2位、長洲未来選手が3位で東京ワールドに来られないという大波乱の展開になってしまいました(USA女子は2枠しかないんですよね…)。でもシズニー選手は、SP・FPともに本当に素晴らしかったし、フラット選手も良い演技だったので、この2人が今回ワールドに来るのは当然といえば当然ですよね。長洲選手は4大陸で素晴らしい演技をして、今回の悔しさを晴らして欲しいなぁ。未来ちゃんがんがれーーーー!!!


…という訳で、今週末はついに四大陸ですよ。
時期的にもメンバー的にも、ワールドの前哨戦的な意味合いにどうしてもなってしまいますが、今回ワールドに出ない選手も出てきますしね(四大陸に来るUSA男子は全員そうですし、長洲選手、鈴木選手、羽生選手もそうだし)。ワールドに出ない分、ここでその悔しさを晴らすようなパーフェクト演技を皆が見せてくれることを心底祈ります。

ああああ、楽しみすぎて震えがくるよう(←早く病院に行け)


気が向いたらポチっとお願いします↓
blogram投票ボタン
[PR]
by miyabin-k | 2011-02-14 01:33 | スポーツは観戦派

もうすぐ4大陸&欧州選手権まとめ

いやーあと2週間で4大陸ですねえ。うー早いのう。

欧州と全米、ユニバーシアードに冬季アジア大会と、1月下旬~2月第1週は色々興奮しまくりであっという間に過ぎてしまいましたが、あと2週間で4大陸となると、これまたおいらのテンション&血圧がいっそう上がる訳で(笑)。

何しろ今回の4大陸、Pチャンは残念ながら来ませんが、それ以外の選手の顔ぶれときたらもう、もう、もう…うおおおおおおおお!!(←テンションMAX!!!)凄過ぎて失神寸前なんですけど。あううう…。台湾行きを最初から選択肢に入れてなかったことを、心底悔やむぜ。

USA男子はアボット、リッポン、アーミン、女子はシズニー、フラット、長洲、日本男子は小塚、高橋、羽生、女子は安藤、浅田、鈴木の揃い踏みですよ!?もちろん、男子は他にもカナダのレイノルズやソーヤー、カザフのテンなど、生で見たいメンツばっかりだし、女子もカナダのファヌフやラコステ、韓国のミンジョンなどなど、楽しみな選手ががっつり出るんですよう。

ペアはパントン、高橋トランが見た過ぎるし、ダンスはデイヴィスホワイトにシブタニズは勿論のこと、本当に来るのかテサモエ!?も大注目だし…

いっそ1泊2日で台湾行こうかとか一瞬真剣に思いましたからね。(チケないことを思い出してかろうじて思いとどまったけど・笑)

それはともかく、あまりにもいっぺんに競技を見過ぎて頭が飽和してた1月末からはや一週間。とりあえず勢いで書いたユーロ男子SPと全米女子SPはいいとして、あとまだ全米女子FP、ユーロ女子SP&FP、全米男子SP&FP、ガラスのメモリーなオイラにはとうてい全部書けないので(まあいつも全部書いてないけども)印象に残った選手や演技を、2回位に分けてかいつまんで書きたいと思います。


まずはユーロ女子。
なんと言っても今回のユーロ、最終滑走者サラ・マイヤー選手のFPの素晴らしさに、見ながらもうオイラ涙うるうるでした。自分自身の引退試合と決めた最高の舞台での最高の演技!なんという引き際なんじゃー(涙)。これまで欧州の実力者と言われ続け(いや実際に過去ユーロで2回銀メダルとってますし)、滑りもスピンも本当に素晴らしい選手にも関わらず、常に怪我に泣かされてきたマイヤー選手が、本当の本当にこれが最後、という試合で3Fにeはついたものの、ほぼノーミスの演技ですよ…。なんというパねー精神力!ブラボー!!!

しかも、マイヤー選手は衣装も本当にオシャレで、こういう衣装を日本女子選手も着てほしいなーと思う衣装をいつも着てるんですよねえ。今回のSPもFPも、オレの中のユーロ衣装部門ではぶっちぎりの1位でしたもん(2位をコルピたんに捧ぐ)。そしてスイスの大観衆が見守る中での(ランビも見守ってたなそういえば・笑)ユーロ金メダル獲得。

キスクラで、点を見た瞬間の喜びっぷりに「あー1位になる点数ちゃんと知ってたんだなー」と思って見ていて、そのあとモニターに「1位」の文字が出た瞬間、あのデッカイ目が本当に転げ落ちるかという位見開かれ、ギャアアアーと激しく喜びを爆発させてるのを見たら、「え、もしや1位と思ってなかったの!?」とこちらまで2度喜んじゃったり。

コストナー選手もFP良い演技でしたが3Loで転倒もあったし(マイヤー選手は5種トリプル全て跳んでますしね)SPとの合計での銀メダル。銅メダルのコルピ選手はかなり緊張しましたかねえ。ミスが続いたのでこれは3位も危うい?と一瞬思いましたが、SPの貯金で逃げ切ったという印象。しかしコルピ選手のSP:Over the Rainbowは、今季オレの中での女子の素敵SP部門の1位でございますよ。(素敵FP部門1位はシズニー選手のプロだがや)

まあ、今回のユーロはホントに女子も男子も表彰台が和やかで良かったですねえ。

そしてユーロ男子
アモディオ選手が初優勝!SPで沈んだジュベール選手は意地を見せて2位。3位はベルネル選手で、表彰台はとにかく喜び爆発のアモディオが本当にきゃっきゃきゃっきゃ(笑)していて、それを目を細めて優しく眺めるお父さん(=ジュベ)と親戚のお兄さん(=トラ)という、なんともほかほか家族的なイメージ。

もちろんジュベも悔しい気持ちはあったでしょうが、SP7位からの脅威の巻き返しでの10年連続ユーロ表彰台という偉業達成ですもんねえ。まあジャンプに集中するためでしょうが、FPの、あの見事なまでのTR切り捨て、コリオステップ後半の薄味加減には正直たまげましたけど(笑)あれもむしろ戦略ということで…。実際台乗りしましたからね。うん、いっそ清々しいぜジュベ。

ベルネル選手は久々にクワド決めてくれて、おいらめっさ感激。今季安定感のある演技とは言うものの、やっぱりこだわりのクワドを決めて欲しいなぁと、少し思ったりもしてたので、3AやセカンドTでミスがあったとは言え、FP2位の最終的にユーロ銅メダルには感激でございました。

アモディオ選手は、いやー調子取り戻してきましたよね。GPFでも仏ナショナルでもちょっと調子を崩していたので、ユーロに間に合うのかと思ってましたが、合わせてきましたねえ。うーむ、やるなモロ。まあ、オイラ的に、今回ユーロの中でSP、FPを両方ほぼクリーンに揃えた点で金メダルというのは納得ですが、今季のアモのSPとFP、どっちもあまり好みじゃないんだよなぁ…うー。(すまんアモ) 踊れることを最大限に生かしてるし、点数も出てるのでアモに合ってるんだとは思うんですけど…。(まあ個人的な好みの問題ってことで)

しかしベルネル選手の点数が出て、モニターを見ていたアモがジュベに突進していって、勢いよくジャンプして抱きついた時には、大笑いしちゃいました。あのジュベが、駆け寄ってくるアモを見て手を広げて待つとは…。
なんとほのぼのしたフランスチームであることよ。いやあええもん見た。


そして全米…を書きたかったのですが、長くなったのでいったん切ります~。
続きはまた近日中~!!  (た、たぶん)


気が向いたらポチっとお願いします↓
blogram投票ボタン
[PR]
by miyabin-k | 2011-02-07 00:10 | スポーツは観戦派


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧