帰ってきた雑ぴん愚日記


すっかりフィギュアのことばかり書いてますが旅行も好きさ
by miyabin-k
タグ
(144)
(126)
(49)
(44)
(32)
(28)
(27)
(21)
(14)
(13)
(10)
(10)
(7)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
中東好き専門サイトです。..
by mikawa at 15:46
たまりさん お久しぶり..
by miyabin-k at 13:24
お久しぶりです!HN一瞬..
by たまり at 23:29
みこさん ありがとうご..
by miyabin-k at 00:29
miyabinさま、なん..
by みこ at 01:08
あ、ほほほさん!! お..
by miyabin-k at 22:16
レイナワルツさん こちら..
by miyabin-k at 22:04

タグ:ドラマ見た ( 10 ) タグの人気記事

日本版「ホテリアー」とは

いやぁ。まさかみっちーがあの「ホテリアー」日本版に出るとは。

オレ、韓流ドラマの中で「ホテリアー」は恋愛部分を除いても充分面白い作品だと思うので、結構好きなんですよねえ。 (ちなみに4年前のソウル旅行で宿泊をシェラトン・ウォーカーヒルにしたのは、実はホテリアーのホテルに泊まりたかったから・・というウルトラ・ミーハーな理由による。笑) ←シェラトンはドラマ中では確か「ソウルホテル」とかって名前になってましたが。

この時一緒に行った、SさんもMちゃんもそしてわが相棒Tちゃんも「韓国版ホテリアー」は既にコンプリート済。4人でキャイキャイ言いながらシン・ドンヒョク(=ペ・ヨンジュンの役名)が滞在しているという設定だったゲストハウス前で写真を撮ったり、何度もドラマ中で出てくる「バー・カサブランカ」(実際にはシロッコという名前のバー)でわざわざ同じカウンター席に座ってお酒飲んだり、ペ様ファンなら誰もが知ってる有名焼肉店「パクテガムネ」で食事をしたりと、それまでも数多くソウルに行っているオレとTちゃんが、生まれて初めて(そして最後だろう・・笑)やってみた韓流追っかけ旅だったのです。

それぐらい、オレも結構好きなドラマだったホテリアーを日本でリメイクするなんて。そしてまさにペ様がやったあの役とほぼ同じ役柄をみっちーが演じるなんて・・。そういや1月のライブの時、「今度ドラマで悪役やる」的な発言をしてたんですが、これのことだったんですかね。・・いやマジで驚き。

ストーリー設定はかなり本家に似ているようですが、ラストはどうなるのかなあ。上戸彩ちゃん可愛いけど、本家のストーリーから考えると、ええええ・・・いいのかなぁ。
オレは、みっちーのことより彩ちゃんファンが怒らないかと・・ ←オマエは本当にみっちーファンなのか(笑)

ところで、オレはこの数ヶ月ほとんどまともに芸能情報を知らないため、みっちーinホテリアーの話も4月に入ってから職場で聞いた位世の中に疎くなっている訳ですが、その時みっちーの役柄を聞いてのオレの反応はこちら。 
     ↓
「いやぁ・・・もしその役がみっちーなら、すんごいオイシイ役だよ?韓国版でペ様がやった役だもの。(苦笑して首を振りつつ)あり得ないあり得ない」

・・・ホントごめんみっちー。オレは本当にファンなのか自分でもそろそろ自信が無くなってきた(笑)                                     (ウソですファンです) 
[PR]
by miyabin-k | 2007-04-23 00:28 | TV・映画・音楽

『東京タワー』 で神木くんに3000点

こんなストーリーだったんすね。
実はあんなベストセラーなのに、読んでなかったもので。
(オレは、ベストセラーになってしまうとつい読みたくなくなってしまう病持ち)

ひとことで言えば「ものっすごいマザコンな男の話」(ミもフタもない・・)とも言えなくはないんでしょうけど、しかしなんというか、ドラマ悪くなかったですよ。(あ、原作はもっと良いのかもしれませんが)
しかも蟹江敬三、すっごいハマリ役だし(笑)

ちなみに、主人公の雅也を演じていた大泉洋といえば、7,8年前『パパパパPUFFY』に、たま~に出ていて、「いったい何者?」 ⇒「初期の頃のユースケサンタマリアに似た、いい感じの脱力オーラ出してるなあ・・」 ⇒「へえ、北海道限定タレントなのかぁ・・」 ⇒「けっこう好きかも・・」 という感じで、ずーっと気になってはいたタレントさんだったのですが、この数年ですっかり全国区ですね。(自慢にもならないが、オレは当時のパパパパの、大泉くんの出てる回の録画ビデオ、面白いのでずっと持っている・・)←(今見ると『水曜どうでしょう』のごく初期の頃の顔に近い・・若かったのね)

しかし、今回の「東京タワー」、一番オレが心打たれたのは、子供の頃の主人公役を演じた神木隆之介くんさ。(やっぱり・・)
上手い、上手すぎる。なんでこんなにキミは演技が上手いんだよう。健気で必死ででも皆に愛される子供時代。(待て待て。リリーフランキーが子供の頃こんなに可愛いハズがなかろう)、と思いつつも、ついつい見入っちゃいましたよう。はあ・・本当すげーよ神木くん。髪切ってだいぶ大人っぽくなったねえ。(オマエは親か)

ところで、実はオレがこのドラマを最後までしっかり見てしまった一つの要因は、実は主人公の子供時代が九州・筑豊ということだったので、方言がとにかくオレの地元にちょっと近いんですよね。(オレは筑豊に住んだことはないですが) いやあ・・どんなイイドラマでも、変な方言使われたら地元の人間にとっては興醒めですが、割と俳優陣の皆さん頑張ってましたよ。少なくとも、以前の某N○Kの朝の連ドラ見た時の衝撃に比べれば、神木くんや田中裕子、そして大泉洋も 皆サンかなり方言お上手だったんじゃないでしょうか。相当しっかり方言指導受けたのかなあ・・

まあ、ある意味王道ストーリーで驚くようなところは何一つ無かったですが、舞台が九州ってことで、オレ的に郷愁を誘われ、点数甘めに星2つ半★★(笑)ハイ

しかし、リリーフランキー筑豊の出身だったのか・・知らなかったよ。
[PR]
by miyabin-k | 2006-11-20 01:13 | TV・映画・音楽

のだめ は野田社長とMEGUMIのコンビ名(ではない)

いやあ。上野樹里ちゃん良いですねえ。

まあ、『のだめカンタービレ』のドラマとしての出来は置いとくにしても、上野樹里ちゃんはかなり良いです。・・オレ的にかなり好きな女優さんかも。

物凄く美人とか、めちゃめちゃ可愛いとか、って感じはないんですが、でも近くで見たら絶対可愛いんだろうなあー 性格良さそうだなあーとか、演技うめーなぁとか。 女優さんを見て、「なんかイイなあ」て久々に思いましたよ。 あ、ユニクロのCMも可愛いよねー。(ベタ褒め)

ちなみに、『のだめカンタービレ』 ドラマの出来はともかく、今のところそれなりに面白いです。少々わざとらしい演出も、マンガっぽい展開も(いや、原作はまんまマンガですが)、なので、まあマンガと思って見れば許容範囲ってことで。(笑) 
とりあえず上野樹里ちゃんと瑛太(・・でしたっけ?この人「サプリ」に続き、月9連チャンですね)がハマリ役で良い感じ。オレはこの2人を見るためにしばらく「のだめ・・」を見ることでしょう。(小出くんすごく頑張ってはいますが、オレは演技の微妙さと吹き出物が気になってよう・・)


・・・あ。
ミスタードーナツ(玉木宏)・・  

「オトコマエ」としか記憶に残らないんで書きようがないですが、正直気の毒なのかもしれません。(一人弾けられない役ですからね・・・。今のところ)
[PR]
by miyabin-k | 2006-10-23 23:50 | TV・映画・音楽

ジャングル大帝 石黒賢

『不信のとき~ウーマンウォーズ~』(木/22:00~フジTV) だんだんすごいことになってきましたね。
・・まあ「なってきた」というより、このドラマ最初っからスゴイんですが。

オレ、女同士の確執とか嫌がらせとか、度を越すと、気持ちが萎えちゃう性質らしく、あまり男女のドロドロ系ドラマって好きじゃないんですが、このドラマはあまりに石黒賢のヘタレっぷりが面白いので、ついつい見ちゃうんですよねえ。

今夜の放映分でも、
1.松下由紀・米倉涼子の、愛人と正妻が鉢合わせしそうでしないギリギリ感
2.余計な入れ知恵を散々してドラマをかき回している杉田かおる
3.ドラマ中、重要シーンにむやみにカットインしてくる「ふーぅっ ふーぅっ」というBGM

に、やたらと喜んでいたオレだったのですが、しかし、今日の「不信のとき」のハイライトは、そんなトコロではないのです。

そう、ラストシーン!ラストシーン!ラストシーン! (・・の、ちょっと前)


愛人・松下由紀宅で突然苦しみだした石黒賢。ベッドで悶え苦しむ石黒賢を「しっかりしてっあなた!」と駆け寄り、ガッツリとした力強い二の腕で(笑)抱き起こす松下由紀。
 「うううぅぅ」
と苦しむ石黒賢の、額からその上半身にびっしりと浮かぶ玉のような汗・・


・・あ、いや苦しむ石黒賢のことなど別にどうでもいいのです。あんなヘタレ男はいくらでも天罰を受けてイイんですが(笑)、オレの目が釘付けになったのはそんなことではなくてですね。


・・・胸毛 濃っ・・

なんて立派な胸毛なんだ 賢・・・・。
ビバ!「黒十字軍」 ビバ!

スゴイよ賢、ジローラモにも全然負けてないよう。


来週の予告も見たハズなのに、胸毛の衝撃ばかりが頭に焼き付いてまったく頭に残ってないよセニョリータ・・・
(こんなん書いてますが、オレは胸毛は苦手)


確かに、その昔から石黒賢の胸毛の濃さはその筋(どの筋だ)では定説だったのですが、最近ではちょいワル親父・ジローラモのラテン毛に押され、オレもうっかり日本の胸毛界に賢が居ることを失念してました。
 迂闊だったよ・・・ 
[PR]
by miyabin-k | 2006-08-24 23:49 | TV・映画・音楽

「泣きの竜」(字が違う)

(どうでもいいけど、この元ネタ知ってる人はどれくらい居るのか・・)
という心の声はともかくとして、日曜夜のオレ
        ↓

 1、録画しておいた「チャングムの誓い」を見て泣き

 2、先週録画しておいた「輪舞曲(ロンド)」を見て泣き。さらに

 3、最終回「輪舞曲(ロンド)」を見て号泣。


6時以降、怒涛の3連続泣き。(しかもTVばっかり・・)
冷静になって考えると、なんでここまで哀しかったのか自分でも不明(笑)。

まあもともとオレは、たいていのドラマの最終回だけ見て、ストーリーがほとんど分からないのに場面場面で号泣する人間なので(シチュエーションに弱いらしい)、TVで泣くことはよくあるのですが、それにしても最近とみに涙腺が緩みっぱなしのようです。

この調子でいくと、そのうち最終回予告だけで号泣し始めそうな気がしてなりません。

まあいいけど。(いいのか)



・・・しかし、どうでもいい話書いてますね我ながら(笑)
[PR]
by miyabin-k | 2006-03-28 00:21 | 雑にっき

次は『チャングムの誓い』でしょう

久々、韓流ドラマ話。

グオン・サンウの『悲しき恋歌』(フジTV)も終わったことだし、さーこれでもう特に見たいものもないし、韓流ドラマとはしばらく縁がなくなるかと思いきや。きや。きや。
くうー、また来ちゃったよ韓流(←オレの中で)

・・と言うわけで、あっさりハマったこの秋の韓流ドラマ。それはNHK総合で『オールイン』の後に始まった『宮廷女官チャングムの誓い』でございます。
くうー。かなりの面白さですよ皆さん。くうー。

内容は韓国版「大奥」。15~6世紀頃の朝鮮王朝が舞台で、女性ではじめて王の主治医にまで上り詰めた実在の女性の話ですが、なんとこのドラマ全部で54話もあるのです。 (ながっ)
BSで昨年放映され今回地上波に降りてきたわけですが、さすがの私も「54話?・・げ」と、正直見る気はほとんど無く、ザッピング中に偶然「ああ・・?今日からだったんだっけチャングム・・」程度の、ながら見だったのです。
ところが一度見始めたら最後、このドラマってば、もうやめられない止まらないのノンストッピング・ストーリー。あまりの展開の早さと凄まじい修羅場の連続に、昔懐かしい『もう誰も愛さない』の吉田栄作も、思わず「ウォー」と叫んで走り出す勢いなのです、いやほんと。(・・しかしあのドラマの山口智子は衝撃だったなあ。吉田栄作への「ストッキングを舐めなさい」シーンは今だに忘れられん・・)

・・・いや、(コホン) えーそれはともかく。 『チャングムの誓い』なのです。
現在(第4回)は、まだチャングム幼少期の話なのですが、とにかくこの子、頭が良く可愛いのに、口が軽いわ直情径行だわで、周囲の人間は振り回されっぱなし。母親も父親もおしゃべりチャングムのせいで死んだようなもんですが、どうにも本人にイマイチその辺の自覚がなく、勘違いに必死(笑)で、ひたすら一生懸命なのです。
しかし、母親の仇や料理対決、仲間のイジメや宮中の陰謀やら、とにかく第1話から既にありえない波乱万丈ストーリーで、毎週とにかく目が離せないんですよねえ。 (考えてみると、「もう誰も愛さない」も、展開のあり得なさ加減では韓国ドラマに通じるものが・・)

たぶん『大奥』が好きな人なら、チャングムは間違いなくハートにクリティカルヒットすることでしょう。・・ただし、男女の色恋はあまり出てきません。

ちなみに、次回の5話からはついに成長したチャングムとして、あのJSAのイ・ヨンエが出てきます。 わーい (←ファンらしい)
  
[PR]
by miyabin-k | 2005-10-31 01:41 | 韓流

あの黒革の手帖が帰ってきた

いよっ元子はーん。待ってましたえ~

(・・今回は舞台が京都なので、ちょっと京都っぽく始めてみました。)
松本清張のあの「黒革の手帖」がスペシャルで戻ってきましたよ。連ドラで放映してた頃から、あの元子(米倉涼子)の悪女っぷりには、一種爽快感すらあったので、今回もめっちゃ楽しみにしていたのです。
しかし見ていくうちに「・・・こ、これは・・?」 かなりイヤンな予感が。
慌てて、本日のラテ欄を開く私。

・・予感的中。(倒)

 土曜ワイド劇場 「松本清張・黒革の手帖スペシャル~白い闇~女帝復活!もう一度銀座の頂点をめざして、京都・十和田湖最後の女の戦い」

サブタイトル長っ やっぱ土ワイかいっ
道理で、殺人事件は起こるわ展開も少々強引だわ、元子やら波子(釈由美子)、おってもおらんでも関係ないやん的な話だと思いましたとよ・・。いや確かにそれなりに面白かったけんど。
んでやっぱりラストは、湖で犯罪告白なのね・・(涙)

私、実は昨日から原因不明の症状で会社も早退して、さっきまでずっと伏せってたのです。さきほど1日半ぶりに少し食べ物を口に出来るまでになってきまして、そんでこのドラマ病床から見終えた瞬間、「こ、これは・・」と気力で起きあがってきましたよ。(書くために)
でもそろそろちょっと目眩してきた・・。(起きていられるのは3分が限界のようです)

・・・そろそろM78星雲に戻ります。

[PR]
by miyabin-k | 2005-07-03 01:27 | TV・映画・音楽

韓流ドラマ考察

・・・またしても、韓流ドラマの罠にハマり始めちゃいましたよう。

これまで、かなりナナメ見状態だった「悲しき恋歌」(フジ:土16時~)、ここ3週間くらい、ビデオに録り始めたのが運の尽きでございます。・・だって面白くなってきたんだもん、くすん

ストーリーは、「グオン・サンウ演じる主人公ジュンヨンと、幼馴染みの盲目の少女ヘイン。逆境の中、お互いに助け合いながら成長し、いつしか愛し合う2人。アメリカで手術をすれば目が見えるかもという一縷の望みに賭け、アメリカ―韓国と離れ離れで暮らし始めた2人に、コレデモカー、ソレデモカー、カフェモカーと襲いかかる、信じられないような不幸と偶然とすれ違いの連続」(韓流ドラマの十八番キターー!) (→あ、次回から舞台は韓国らしいです)

しかし韓流ドラマって、どうしてこう次々と濃いぃ~試練を恋人同士に課すのでしょう。
 病気(=たいてい白血病or失明)・記憶喪失・身分違い・出生の秘密・女1人をめぐり男2人が争う・・etc  どれを取っても究極なのに、韓流の場合、1つのドラマ中にこれらの要素が必ず2つ3つ盛り込まれてるという、いっそ天晴れな程の気前の良さ。
こんな話ばっかり見慣れたら、普通のドラマ、もう薄口過ぎて見れないよう。

・・嗚呼、もう元には戻れない。何も知らなかったあの頃には ・・・ふ。

まあとりあえず数年後、主人公が不幸じゃないドラマを見て私が「なんか物足りん・・」とか言ってても、見ないフリしてそっとしといてあげて下さい(笑)

[PR]
by miyabin-k | 2005-06-29 00:18 | 韓流

違うドラマなのに同じ曲って・・・

韓流ドラマ話。

前から気になっていたのですが、「美しき日々」と「ガラスの靴」、どちらのドラマ内でも、挿入歌として頻繁に流れる曲、あれ同じ曲ですよねえ?(曲名は知らん)

私は、ニュースだのバラエティだので効果音やBGMとして使われる歌やインストルメンタルを聴くと、「あ、これ「○▲」のドラマ中で流れてた曲だ」とか、すぐ思ってしまうタイプなのですが、主題歌じゃないので、大抵の場合は皆あまり気がつかないらしく、どんなに私が「□◎のシーンのバックで流れてた」と力説しても、分かって貰えないのです。

しかしニュースやバラエティの効果音としてでなく、「別々のドラマで同じ挿入歌」って、リメイクでもない限り、日本ではあまり無いですよねえ・・。
同じ作曲家に依頼したものの、完成が間に合わなくて同じ曲になったとか、韓国では結構よくある話だとか・・?

誰かこの謎の答えをオレに教えてくれよう。
だって「ガラスの靴」見てても、その曲聞く度に「美しき日々」の、あのワカメちゃんカット(誰のことだ)が目に浮かんで仕方ないので。


[PR]
by miyabin-k | 2005-05-20 03:27 | 韓流

「ガラスの靴」のハン・ジェソクて・・

今まで見た韓流スターの中でも、私はウォンビンに次ぐ美形スター様だと勝手に思ってるのですが、日本では知名度低いですよねえ。なんでかなあ。
「イヴのすべて」あたりは地上波でも以前やってたのに・・。ぶつぶつ

※あ、ハン様を知らない方は、10年前の風間トオルを美白にして丸顔にするか、加勢大周(or新加勢大周でも可)を美白+丸顔にしてなんとなくご想像下さい。(テキトー)

しかし私が今一番気がかりなのは、実はハ・ジェヨン氏!(誰)
誰あろう、ハ・ジェヨン氏こそ「冬ソナ」ではチェ・ジウの死んだ父親(写真)の役。「天国の階段」でもチェ・ジウの父親役(これは生きてましたが)。「ガラスの靴」でもやっぱり死んだ父親(写真)の役をやったという、韓国・まぶたの父親にしたい俳優ナンバー1!(嘘)
何故彼には、死んだ父役のオファーが殺到するのか? 何故~
・・あ、他にもハ氏が写真になってる役があったら情報お寄せ下さい(笑)

(それにしても喋ってるシーンの記憶はほとんど無いのに、異様にあの顔が忘れられない私。もはやハ・ジェヨン氏の大ファンですか?)

[PR]
by miyabin-k | 2005-05-13 02:36 | 韓流


ブログパーツ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧